プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

侍の系譜

自衛官の覚悟と政治家の覚悟

兼原信克

 岡部俊哉元陸幕長は、防大を卒業された年が私の外務省入省と同じ同期生である。ある日、いつもの日本酒「金滴」を盃に注ぎながら、「兼原さんは、朝起きたら何を一番に考えますか」とにこやかに聞かれた。

 何だろうなとぼんやり考えていると、「私は、毎朝、自分はどこで、どうやって死ぬんだろうと考えます」と静かに言われた。粛然と背筋が伸びる思いがして、思わず杯を置いた。

(元内閣官房副長官補・国家安全保障局次長、同志社大学特別客員教授)

コラム 春夏秋冬/朝雲新聞 令和3年10月7日



 朝雲新聞のコラム、「春夏秋冬」10月7日号から、一部を抜粋した。

 岡部元陸場長の笑顔は、何とも言えない、人を引き込む笑顔である。あの笑顔のせいで、彼の魅力に取りつかれた人は枚挙に暇がない。かくいう酒楽もそうである。

 彼が、にこやかに笑いながら、ぽんと肩を叩いて「おい、頼むぞ」と言われて断れる者はいないのではないだろうか。それほど魅力のある笑顔である。

 司馬遼太郎の西郷隆盛評も同じようなものだ。人を引き込む魅力とは、もって生まれたものだろうが、育った環境、社会に出てからの環境の影響も大きいと思う。

 防大出身の幹部は、在学中から将来の自衛隊幹部として育成され、カリキュラムの中には、「統率」も含まれている。

 だが、統率は、教えられてできるものではない。統率とは、結論を言えば、その人の全人格だからだ。

 岡部元陸幕長が、自衛官として最高位の陸将・陸上幕僚長に上りつめたのは、その類まれな人格的魅力の賜物である。

 彼こそ現代の侍と呼ぶにふさわしい自衛官だ(既に退官されているので、正確には自衛官だった、が正しい)。春夏秋冬の執筆陣の一人、兼原氏は、その現代の侍と知己であるという幸運に恵まれている。

 さて、岡部元陸幕長の「私は、毎朝、自分はどこで、どうやって死ぬんだろうと考えます」という言葉の重みを考えると兼原氏が粛然となって杯を置いたも当然であろう。
侍

 ところで岡部元陸幕長の言葉は、彼の専売特許ではない。多かれ少なかれ、自衛官は、いつも死と隣り合わせであり、いつも死を思わずにはいられないものなのだ。

 「あの丘を奪取せよ」と命ぜられたら、奪取しなければならないのだ。命を懸けてでも。それが自衛官の宿命である。

 いつも死と隣り合わせであるのは、侍であり、武士なのだ。鎌倉幕府成立から、大東戦争の敗北までの間は、侍による治世、つまり武断政治だった。

 その間、日本の治安は世界最高水準だった。数少ない治安担当者だけで、江戸八百八町の治安を維持できたのは、統治階級である武士が、任務を達成できなかったら腹を切る覚悟があったからである。

 武士は、いつでも腹を切る覚悟で任務にまい進したのである。だから、民は、統治者である侍に服したのだ。

 現代における武士とは、すなわち自衛官である。彼らは、いつも死と隣り合わせの日常を送っている。いつなんどき、任務を与えられてもいい覚悟で生きている。彼らこそ、現代に生きる侍なのだ。

 つまり岡部元陸幕長の言葉は、全ての自衛官に共通しているのである。そして侍の系譜は、細々とではあるが現代まで続いている。慶賀の至りだ。
 
 最後に、岡部元陸幕長が侍になる原点とも言える経験が以下の通りです。ご一読をお勧めします。

 【特別手記】「御巣鷹山」48時間の地獄絵図

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/08120556/?all=1&page=1

 リビングで炬燵に入っているのですが、ストーブを点けることもあります。両方だと暑いんですね。

 ストーブを消して、しばらくすると「寒い…」ww

 点けると「暑い・・・」ww

 で、炬燵を消してストーブを点けると、最初はいいんだけど、しばらくすると「暑い…」ww

 消すと「寒い…」ww

 しばらく、こういう状態が続くのでしょうね。夕方、ウオーキングから帰ったら、にょうぼ殿が、炬燵の中で、ヒルネ・・・ww

 休みはこういうところがいいなと思いますww

 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

最高裁の無責任を追及せよ
人民解放軍が恐れる自衛隊の規律
分かりやすい中国
安い、安すぎる!
中国エンタメ界の罪と罰
台湾有事は日本の正念場
オペレーションとは駆け引き
人民解放軍の悲鳴
同盟は一日にしてならず
自衛隊の最高指揮官
侍の系譜
大日本帝国下の朝鮮
ノーベル賞雑感
物言えば唇寒し自衛官
消費税減税が日本を救う道だ
新駐日米大使の情勢認識
「立・共」の共闘は大正解だ
言論の府
陸自配置は八重山住民の意志
危機感のない岸田政権こそ我が国の危機だ
日本人が知らない在日米軍
日本も原潜保有を
歴史に裁かれる道
皇族の敬称
支那の歴史は繰り返す
同盟国
自民・維新改憲連合を結成せよ
政策を語れ
一筋の希望の光
さっさと高市氏に席を譲れ
日本司法に容喙する米議会
中国経済に異変?
罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ