プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

新駐日米大使の情勢認識

専門家「駐日米大使は、中共に対する日米共同の対抗を強化すべき」
2021年11月7日 看中国
https://www.visiontimesjp.com/?p=27262

 エマニュエル氏は10月20日に開催された上院外交委員会の指名承認公聴会で、日本における大使の仕事の核心は中共に対抗することであり、日本の防衛費の増加は日米同盟に不可欠であると述べた。

 これに対し、ニューシャム氏(ワシントンのシンクタンク、安全保障政策センター(CSP)の高級研究員)は、中共の脅威はますます深刻になっており、特に台湾海峡の状況は非常に不安定であるため、おそらくエマニュエル氏のより厳しい態度は、日本が防衛費や軍事力を大幅に増加させ、台湾への公的かつ強力な支援を示すことを納得させることができるとした。

 さらに重要なことは、台湾海峡で有事が発生した場合に米軍が台湾の防衛を支援するのに十分な能力があることを明確にすることができるとも述べた。

 一方、佐橋氏(東京大学東洋文化研究所准教授)は、日本は台湾海峡問題の深刻さに気付いており、駐日米大使が防衛予算で日本に圧力をかけたら、日米関係が悪化する可能性があると考えた。

 大使は、日本の動きを注意深く観察し、既存の協力体制に基づきコミュニケーションを強め、台湾への支援を徐々に強化し、インド太平洋戦略全体を強化する必要があると述べた。

(翻訳・徳永木里子)

 看中国から新駐日米大使に関する記事を引用した。なかなか興味深い内容である。

 エマニュエル氏については、拙稿10月28日「日本司法に容喙する米議会」という記事で言及した。議会で、日本の司法制度に容喙しろという米議会の動きを紹介した。

 そして、記事で紹介されているエマニュエル氏は、めでたく議会で承認され、新駐日米大使となることが決まったようだ。

 さて、新大使が日本の司法に容喙するとは思えない。あれは、議会公聴会における某議員の地元対策だからだ。本当に容喙したら、日米関係は危機に陥るに違いない。

 さて、今回の記事では、新大使が、日本に対して防衛費増を働きかけるか否かが話題になっている。東京大学の佐橋准教授は、米国が我が国に防衛費増の圧力をかけたら日米関係は悪化すると警鐘を鳴らしている。

 それはそうだろう。これでも日本は独立国家だ。同盟国とは言え、駐日大使が、我が国の内政に圧力をかければ、外交問題に発展するのは目に見えている。

 だが、准教授は、肝心のことについて言及していない。それは、我が国が安全保障上の危機を迎えている状況を客観的に分析すれば、防衛費の増額は避けられないだろう、いうことを。

 防衛費の増額について、米国が心配するのも尤もだ。同盟国の防衛体制が十分でないのは、米国から見れば至極当然だからだ。圧倒的に足りていない。だが、同盟国と雖も、日本の国家予算に圧力をかけるのは適当ではない。それくらい、新駐日大使は知っているだろう。陰に陽に防衛努力について発言することはあっても、あからさまに日本は防衛費を増額させるべきだとは口が裂けても言えまい。

 そもそも、防衛費を増やすと公約したのは、岸田政権である。それについて見守るのは、我々有権者なのだ。口だけで、防衛費を増額しなければ、公約違反になり、内閣の支持率は急降下するだろう。それでは政権は持たない。

 財務省が抵抗するようなら、事務次官以下、主要な抵抗勢力の首を切ってでも防衛費を増額するべきなのだ。

 前財務大臣の許可を得ているとはいえ、自民党が総裁選を行っている時期を見計らって、自民党の主張を逆なでするような論文を公開した罪は重い。

 事務次官は、国家公務員である。事務次官以下は、大臣閣下の命令を受ける立場なのだ。そのスタッフの長たる事務次官が、一定の政策以外は受け入れられないと主張するなど、狂気の沙汰ではないのか。

 何のリアクションも起こさない、発言を聞いたことがない、鈴木新財務大臣は大丈夫か?

 おそらく、事務次官の言いなりになり、防衛費増に、財務省は徹底的に抵抗するだろう。そこで、岸田政権の覚悟が明らかになるのだ。財務省に言いくるめられ、公約が実現できなければ、総理大臣は、辞職すべきだ。

 それが嫌なら、財務省の抵抗勢力の首を切る以外に道はない。これが、制服自衛官が同じような行為を行えば、日本中が大騒動になり、更迭となった事例がある。

 だが、やっていることは同じだ。自衛官か官僚かの違いでしかない。財務官僚は、奢り高ぶっている。彼らは、自分たちがいなければ、日本の財政を維持することは不可能だと信じているのだ。彼ら以外に財政危機の日本を救うものはいないのだと信じているのだ。

 官僚専制とはこういうことを言うのだ。政治が無能だと、結果こういうことになる。シビリアンコントロールは、政治が軍事をコントロールすることをいうのだ。だが、中央省庁の官僚をコントロールするのも政治家である。文脈は同じなのだ。

 官僚が、身の丈を弁えず、専制に走れば、統帥綱領で国内国家を作った帝国陸軍と同じことになるのだ。政府自民党は、知らずに官僚専制のお先棒を担いでいるのだ。問答無用で首を切るべきだ。財務省事務次官の。

 話が横道にそれました。米国から見る日本は、やはり頼りない同盟国なのだということだ。自ら戦う気概の無い国民、民族は滅びるのだ。ついこの前、アフガンで見たではないか。戦わなければ、やられるだけなのだ。タリバンに占領されて、塗炭の苦しみがあろうとも、自ら選んだ道ではないか。

 タリバンを支持するつもりはないが、彼らは戦う気持ちはあるのだ。だから戦う気持ちの無い政府軍は、跡形もなく消えたのだ。

 我が国も戦わなければ、アフガンと同じになるぞ。戦えと言われれば、自衛隊は戦うのだ。それが存在価値だからだ。どこかの政府軍のように逃げたりはしない。それだけは保証できる。彼らは、現代の侍なのだ。逃げるような卑怯な真似など絶対にしない。

 だが、彼らだって、人間だ。手足を縛られては戦えないのだ。必要な装備と戦う体制を整えてくれなければ、犬死するだけだ。それができるのは、政府の役割なのだ。日本を守る、自衛隊と自衛官が犬死しないように防衛費を増やすのは、政治の役目なのだ。

 米国に言われて増やすようなものではない。日本政府が必要だと認識したら、増やすだろう。国家の安全は、最も重要な政治の役割なのだから。公約の実現を阻むものは、全力で排除してもらいたい。
 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

最高裁の無責任を追及せよ
人民解放軍が恐れる自衛隊の規律
分かりやすい中国
安い、安すぎる!
中国エンタメ界の罪と罰
台湾有事は日本の正念場
オペレーションとは駆け引き
人民解放軍の悲鳴
同盟は一日にしてならず
自衛隊の最高指揮官
侍の系譜
大日本帝国下の朝鮮
ノーベル賞雑感
物言えば唇寒し自衛官
消費税減税が日本を救う道だ
新駐日米大使の情勢認識
「立・共」の共闘は大正解だ
言論の府
陸自配置は八重山住民の意志
危機感のない岸田政権こそ我が国の危機だ
日本人が知らない在日米軍
日本も原潜保有を
歴史に裁かれる道
皇族の敬称
支那の歴史は繰り返す
同盟国
自民・維新改憲連合を結成せよ
政策を語れ
一筋の希望の光
さっさと高市氏に席を譲れ
日本司法に容喙する米議会
中国経済に異変?
罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ