プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
主筆 酒楽。通称「硬派」。自称「小生」。政治、安全保障担当。
代筆:「お気楽」。硬派酒楽の疲れたときに代筆。日常・休憩など担当。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

菅内閣分析

 菅内閣が発足した。顔ぶれが揃ったので、各大臣の政策について分析してみた。

 

 分析の項目は、憲法改正、女性宮家、女系天皇、選択的夫婦別姓、靖国神社参拝そして、我が国の核武装についての賛否についてである。各項目について、賛成は〇、反対は×で表記した。分析に当たって、根拠としたのは、Wiki及び各議員のオフィシャルサイトを確認した。結果は、上の表のとおりである。
 なお、麻生財務大臣については、憲法と核武装について、それぞれ賛成と思われるが、はっきりしない。そこで、クエスチョンマークをつけた。

 興味深い分析結果となった。焦点となった個所は、黄色く塗りつぶしている。

 まず初めに、一番驚いたことは、国会議員のWiki及びオフィシャルサイトを調べてみても、個別の政策について言及している議員が極めて少ないことである。ほとんどが、包括的なスローガンで終わっている。やれ、格差のない社会であるとか、少子化対策をしっかり行うとか、社会福祉を充実するとか、地域創生が大事であるとか、そういった文言の羅列がほとんどだった。

 最たるものは、オフィシャルサイトに「政策」という項目がない政治家がいることである。田村厚生労働大臣、小泉環境大臣、加藤官房長官、小此木国家公安委員長がそうだ。ブログやSNSでということらしいが、政治家が、政策について項目を起こしていない時点でおかしいだろう。あなたには、政策がないのか?日本のために頑張るとか、地元のために頑張るとか、それは当たり前だ。国家のために何を実現しようとしているのか、政策理念、個別政策について言及がないのは、国民を馬鹿にしているとしか思えない。

 これを見ると、なぜ自民党が党員投票を行わなかったのかがよくわかる。それは何故か?政策がないのだ。政策のないところに政策論争などありえない。これが結論だ。一有権者として、憤りを感ずる。国民を馬鹿にするのもいいかげんにしろ。

 携帯料金の値下げは、確かにいい政策だと思う。だが、それが自民党総裁選の主張だったり、総理大臣就任後の主要な政策なのか?国家の基本法たる憲法について、何故語らないのだ。経済再生のためのグランドデザインはないのか?消費税増税が景気を冷やした原因なのは明らかだ。コロナは、あくまで追加の状況だ。間違った政策は、訂正すべきであろう。それについての言及もない。

 国家の安全保障についても本来言及すべきだ。日米同盟を深化させるために、何をしようとしているのか、国民の安全を守るための具体的処方箋が何も示されていない。少なくとも今の防衛費で十分とは思えない。明らかに不足している。塀もドアも直ぐに壊されてしまうような家に安心して住めるのか?何はさておき、国家の安全が最優先でなければならない。

 男系男子で紡いできた天皇陛下は、我が国の國體そのものだ。今すぐでなくとも、悠仁親王殿下の後継について、旧宮家の皇籍復帰を急ぐべきだろう。

 難問は山積している。自民党総裁選では、緊急事態ということで、党員投票は行わなかった。では、何をもって緊急事態だという認識なのか?国民の前で、明らかにすべきだ。そして、それに対する内閣総理大臣としての所信を表明すべきであろう。それがないなら、明らかに国民を欺いたということになる。有権者を馬鹿にするのもいいかげんにしろ。と小生は思う。

<編集後記>
 1か月遅れの夏休みの最中です。記事がアップできなかったのはそのせいです。え?休みなのに何で?いえいえ、休みはいろいろな意味で忙しいのです。普段できないことをしたりするので、心身ともに疲労が蓄積し、ブログをアップすることができなかったのです。すみません。本日から再開です。休暇期間中のトピックもいろいろあったので、いずれ紹介しますね。お気楽酒楽です。

↓人気ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。

政治ランキング

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

南極観測船「しらせ」
韓国に法治は無理
総理大臣訓示に違和感
安倍前首相 印・太平洋に英加入後押し
天晴れ門田隆将
易姓革命の国 韓国
外務大臣交代論
日韓経済人会議の暴論
米大統領選未だ確定せず
敵を育ててはならない
維新の野党第一党を歓迎する
ホンダの快挙
ペンスの勝ち!
乗り越し
噴飯ものの日中会談
バイデン氏三日天下の可能性
自衛官の給料を上げろ
投票率109%の怪
歴史の知恵
考えるのを諦めたら終わりだ
信任状奉呈式に格付けを
責任を取らない政治家たち
国産輸送機 非舗装滑走路着陸成功
信用してはならない
無責任な産経新聞
11月18日付 新型コロナ死亡率
さわやかな一日
祝 日豪準同盟
中国の戦争準備
バイデンを祝福していない首脳は誰か
新潜水艦たいげい
米メディア激変中
トランプ支持者デモ数十万人!
バイデンを勝者と認定せず!
米メディアの情報統制
情報と兵站
「鬼滅の刃」に見る日本人の美学
当ブログの紹介
キーンソード21
産経 正論にもの申す
覇権国にふさわしい大統領
不正摘発中
産経新聞 世紀の誤報
頓珍漢な内閣官房参与
電車で万歳
産経 信用に値せず
産経新聞に対する敬意と失望
大統領は治安に責任がある
産経、バイデンを当確と報道
産経新聞のダブルスタンダード