プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

オペレーションとは駆け引き

台湾海峡を航行できない海上自衛隊
2021年10月20日 05:00  酒楽独語
https://shurakudokugo.com/blog-entry-695.html

 10月26日だったと思うが、フジテレビの日曜・ザ・プライムに前統幕長の河野克俊氏が出演されていた。

 その中で河野氏は、「台湾海峡を航行しないように日本は配慮している」と発言した。

 本日引用したのは、拙稿10月20日付の記事「台湾海峡を航行できない海上自衛隊」だ。

 酒楽の主張と、河野氏の主張は真っ向から対立している。河野氏は、日本は配慮していると言い、酒楽は、日本は、台湾海峡を航行する度胸がない、と主張している。

 そりゃ、前統幕長は、政府内にいたのだから、氏の主張はおそらく正しい。それが、日本政府の公式見解だろう。

 だが、公式見解が正しいとは限らない。日本政府は、台湾海峡を航行しないことにより、中国に配慮しているというが、では、配慮しないで本当に台湾海峡を航行する度胸はあるのか?

 おそらくあるまい。そこだよ。河野氏は日本が配慮しているというが、酒楽に言わせれば、我が国の弱腰を隠すプロパガンダだろう。そして、中共も同じように感じている筈だ。

 そもそも尖閣の接続水域を航行し、領海侵犯を繰り返している中共に、何故我が国は配慮しなければならないのだ。配慮すべき理由などないだろ?

 航行しようと思えば航行できると言うのは、負け犬の遠吠えというのだ。尖閣実効支配を諦めている日本政府に、台湾海峡を航行する度胸はないのだ。

 河野前統幕長は、そういわざるを得なかったのだろうか。テレビを拝見している限りはそうは見えなかった。本気でそう信じているように見えたのである。

 統幕長は自衛官であって、政治家ではない。自衛官としては、配慮していたと思っていたのだろうが、政府は違うだろう。中共に対する配慮ではなく、これ以上中国を刺激したくなかっただけなのだ。統幕長には「配慮」と言ったかもしれないが、実態は単なる弱腰だ。つまり邑を一つ献上したのだ。

 習近平は、来年、3期目の国家主席就任を狙っている。だが、皇帝への道に欠けているものが有る。それが台湾だ。台湾を併合すれば、習が皇帝になるための実績としては申し分ない。習が台湾併合を諦めるわけがない理由がわかろうというものだ。

 我が国は、そろそろ腹を括らなければならないのだ。台湾有事に我が国が介入するなら、中国との全面戦争を覚悟しなければならない。もしそれを回避しようとするなら、我が国が、将来、中華人民共和国に併呑されるのは、火を見るよりも明らかだ。

 既に3つも4つも邑を献上しているのである。それがどれだけ危険なことか日本政府は考えていないのだろう。だから、なし崩し的に中国に配慮し続けているのだ。滅亡への道とも知らずに。

 ご清聴ありがとうございました。


 北海道の部隊は、冬になるとスキー訓練があります。今は、グラスファイバー製の立派なスキーですが、40年前は、「木」のスキーでした(今では博物館に行かないと見られない貴重なスキーでした)。そして、滑るスキーではなく、走るスキーでした
o(`ω´ )o

 マイナス30度の極寒の中をスキーで移動するのです。10分もしないうちに汗が出てきます。滴り落ちた汗が顔面を伝います。すると汗は凍ります。日陰の方が。
 
 北海道の雪は、吹けば飛ぶような軽い雪、パウダースノーです。なので、コケると腕がずぶずぶと雪にめり込んで、なかなか起き上がることができません。特にスキー初心者は。酒楽も苦労しました。

 濡れタオルをもって2~3回振り回すと凍って垂直に立つという伝説がありますが、伝説ではありません。事実です。何度も経験しました。そして、自衛隊が北海道にいて、訓練して守りを固めているのをじっと見ているのです。オホーツクから。

 だから、なかなか北海道に攻め込むわけにはいかなかったのですね♪

 台湾海峡を通ればいいじゃないですか♪人民解放軍の将兵がそれを見てどう思うか考えればわかろうというものです。何もしなければ舐められるだけだ。

 一発かませばいいんですよ。それで相手の出方を見て次を考えればいい。大和は、馬鹿正直すぎるんだよね。相手にも弱みがあるんだから。足元見られてるけど、相手方の足元も見るべきだと思います( ̄^ ̄)ゞ

 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

最高裁の無責任を追及せよ
人民解放軍が恐れる自衛隊の規律
分かりやすい中国
安い、安すぎる!
中国エンタメ界の罪と罰
台湾有事は日本の正念場
オペレーションとは駆け引き
人民解放軍の悲鳴
同盟は一日にしてならず
自衛隊の最高指揮官
侍の系譜
大日本帝国下の朝鮮
ノーベル賞雑感
物言えば唇寒し自衛官
消費税減税が日本を救う道だ
新駐日米大使の情勢認識
「立・共」の共闘は大正解だ
言論の府
陸自配置は八重山住民の意志
危機感のない岸田政権こそ我が国の危機だ
日本人が知らない在日米軍
日本も原潜保有を
歴史に裁かれる道
皇族の敬称
支那の歴史は繰り返す
同盟国
自民・維新改憲連合を結成せよ
政策を語れ
一筋の希望の光
さっさと高市氏に席を譲れ
日本司法に容喙する米議会
中国経済に異変?
罰金では済まない中国在留邦(法)人のリスク
「日本に戻りたくない」理由
日本の高級紙 朝日新聞
判断基準を持たない総理大臣
国民民主党の経済政策を支持する
靖国参拝が国を救う
台湾海峡を航行できない海上自衛隊
悲しき眞子内親王殿下
中国に屈し続ける現職総理
庶民の幸せ
日本の財政は破綻するのかしないのか?
祝 防衛費2%超 自民公約
世論調査の公平性を担保せよ
日本の癌 公明党・国交省
メディアと野党のご都合主義
分配総理が株価暴落を招く
胎動する台湾危機
憲法96条の足枷を外せ