プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

人民解放軍が恐れる自衛隊の規律

陸自訓練で弾丸紛失 90人態勢の捜索で発見
2021.09.14 日本情報多言語発信サイトnippon.com(ニッポンドットコム)
https://www.nippon.com/ja/news/fnn20210914238595/" target="_blank">https://www.nippon.com/ja/news/fnn20210914238595/</a>" target="_blank">https://www.nippon.com/ja/news/fnn20210914238595/

 表題を見ていただければわかるように、自衛隊の弾薬等紛失と、その捜索については、日本国内だけではなく、大陸が常に関心を寄せている。

 たかだか拳銃弾1発紛失したからと言って、大掛かりに捜索する陸上自衛隊。ある意味、見慣れた光景である。だが、そこに陸上自衛隊というか、軍隊の本質を見ることができる。

 自衛隊は、その発足から不幸な組織である。その不幸は、現在も継続している。だから、弾薬1発と雖も紛失したならば、捜索して発見しなければならないのだ。もっとも、不幸な出自とは関係なく、税金を使って活動している自衛隊にとって、1発と雖も紛失してはならないことは自明ではあるのだが。

 かつて、北海道でも同じように弾薬紛失事案が発生し、その時は、第2師団(旭川)全力で捜索した。第2師団は甲師団なので、定員9000千人である(当時)。全員が捜索に参加したわけではなく、充足率が100%ではないことを考えても、数千人が捜索に参加したものと思われる。

 銃弾ならいざしらず、弾を発射した後の薬きょうが紛失しても自衛隊は捜索する。空薬きょうである。弾はないのである。それでも薬きょうを悪用する輩がいないとも限らないので、薬きょうは必ず回収する規則になっている。

 その空薬きょう1発であっても紛失したならば捜索して回収するのが、自衛隊なのだ。

 空薬きょう1発を捜索して回収するために大部隊を動員して捜索するのである。発見して回収するまで。気が狂っていると言ってもいいかもしれない。

  だが、その狂気の沙汰である自衛隊の規律を見て、ひそかに恐れている者たちがいる。大陸だ。ネットを見れば、毎度おなじみの意見だが、いつも自衛隊の弾薬回収のための行動に驚いているのだ。

 そして、自衛隊は恐ろしい組織だ、というのである。

 最初にこういう記事を見つけた時に、酒楽は、はじめて、自衛隊の行動の正統性を発見したと思った。こういうことがあるから、極めて非効率的なこういう行動をとるのだなと。

 1個師団を動員し、何日もかけて、弾薬1発を回収する。狂気の組織、それが自衛隊である。これほど恐ろしい軍隊はない(自衛隊は軍隊ではないが、便宜的にこのように表現する)と感じる組織と国民がいるのだ。

 立派な抑止力というべきだろう。自衛隊に批判的なメディアは、この種報道によって、自衛隊を貶め、国民からの信頼を低下させようと思っているのだろうが、結果として、我が国の抑止力向上に寄与している。皮肉ではないか。

 反日メディアは、その報道によって、逆説的ながら我が国の国家安全保障の向上に一役買っているのである。慶賀の至りである。


 でもですね、弾を探す作業ほど憂鬱な作業はありません。たった一発の弾を捜索するために、何時間も、場合によっては何日も捜索するのです。

 カラですよ、カラ。弾ではなく、カラの薬莢を探すことがあるのです。

 これほど、自衛官の精神を損耗させる作業はありません。まったく生産性が無いのですから。そりゃ、自衛隊の隊務は、民間の企業から見れば生産性など本来ありません。

 国を守る、という誇りだけが、自衛官のモチベーションなのです。それが、紛失した弾薬の捜索では、気力も湧かないのが当たり前なのです。それを発見するまで捜索するのです。

 その昔、最も残酷な刑罰、というのをご存知でしょうか。それはですね、囚人に穴を掘らせ、掘ったらその穴を埋めさせるのです。埋めたら、また同じところを掘らせ、又埋めて、・・・。これを延々と続けさせるのです。するとどうなるかというと、ほとんどの囚人は気が狂うそうです。

 人間にとって、意味のない行動を続けさせることが、どれほど精神衛生上よくないかが、これでご理解いただけるでしょうか。

 紛失した弾薬の捜索が意味のない行動だとは申しませんが、部隊も指揮官も隊員も、まったくやる気が起きないのです。でも、発見するまで絶対にやめるわけにはいきません。

 この、いつ終わるのかわからない捜索ほど、隊員にダメージを与える作業はないわけです。これが実弾なら、緊張感も保てましょう。でも、カラ薬莢だったりすると、カラかよ!とは言いませんが、みんなそう思いながら捜索するわけです。

 明日休みだったりしたら、気が狂います♪コンチクショー!おおいけない、また下品な言葉を使ってしまいました。お許しください。

 我が国の抑止力向上のため、自衛隊は今日も弾を探すのです。ご清聴ありがとうございました。
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

少子化は避けることができない
核兵器シミュレーション
ウクライナ軍事支援は北方領土奪還の最良の策
COCOM復活!日米蘭同盟
日本に完敗した中国・中国に完敗した韓国
専守防衛も非核三原則も速やかに破棄すべきだ
騙されたインドネシアVS騙されないベトナム
労基法適用除外の悲惨な現実
他人の物を返さないのを盗人と言う
蛮族を滅ぼさない限り平和は来ない
台湾を文明化した責任
ホワイト国復帰・政府は理由を明らかにせよ
防衛に知見なし 朝日新聞
米国における華人と日本人
プロの本領~中国国防部
台湾は日本の存立危機事態だ
西側MBTが戦勢を逆転する
中国の悲鳴が聞こえる
中距離弾道弾も原潜も可能だ
脳の限界
魂を売った維新
自衛隊の深刻な練度不足
韓国を批判するシナの苦境
中国経済は自滅するのか
日本人がヒュンダイのEVを買わない理由
習近平は堯舜に学び徳治を行うがいい
紅白歌合戦が気になって仕方がない韓国♪
輸出管理の厳格化に変更はない?
野蛮人は野蛮人を理解する
紳士と野蛮人の違い
シナは隣国を敵に回すかつての道を歩んではならない
メディアは世論調査の質問を開示すべきだ
民主主義の本質を理解しない産経新聞
林外相を中国に行かせたくて仕方ない朝日新聞
日本を騙す気満々・韓国・やっぱり
中国人に車を売る時は(^-^)/
リニアは中止すべきだ
仲良くしたいと言われてもねー
深化する日米同盟
日曜独語 お前のような若造に何がわかる!
騙す韓国・騙され続ける日本
ユニクロの衝撃
覚醒するヤマト
日本は台湾防衛に関与するのか?
精鋭無比第1空挺団
中国人へのビザを停止すべき
要請があっても朝鮮半島には行かないよ♪
訓練時間の確保が喫緊の課題だ
日本が大好きな韓国人ww
中国の軍門に降ったドイツ