プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

主権

<独自>朝鮮学校補助金 下げ止まり 令和2年度2・1億円 見直し機運低下
2021/12/6 21:42 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20211206-UO736FZVCNM6DIX2TUOLJ7PLTE/

武蔵野市長の透ける政治野心 論説副委員長・佐々木類
2021/12/7 09:00 産経ニュース
https://www.sankei.com/article/20211207-D6XOA2CP7BJKZPHL6VIQBPXL3Y/

第一條
大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

 これは、大日本帝国憲法第一条です。すごいですね。これを読んで驚かない日本人は稀でしょう。かくいう酒楽も初めて大日本帝国憲法を読んだときは驚きました。

第一条
天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

 こちらは日本国憲法第一条です。大日本帝国憲法と比べると、その違いが歴然としていますね。

 引用した記事は、朝鮮学校への補助金支給が下げ止まっていることと、武蔵野市長の外国人参政権についての動きについて解説した産経ニュースの記事です。

 この二つの記事は、我が国の統治機構が揺らいでいることの証左だと酒楽は思います。だから、大日本帝国憲法第一条を紹介したのです。

 大日本帝国の昔に戻れと言いたいわけではありません。ですが、国の統治というものは、どこかで強制しなければ、国家を維持できないのですよ。

 戦後日本は、それを忘れて大衆迎合主義に走りました。それが弱腰の政府を作り、悪意のある勢力が、国の統治機構に揺さぶりをかけているのです。

 これは由々しき事態だと酒楽は思います。有識者の方々が警鐘を鳴らしていますが、事態は悪化の一途をたどっているようです。

 朝鮮学校が補助金の対象として相応しくないなら、国が法律で示すか、通達で示し、補助金を交付しないようにできないのでしょうか?

 外国人の地方参政権が憲法違反なので、これを禁止すればいいではないですか?

 何故政府は、これを放置しているのでしょうか。酒楽は思います。政治家が無責任だからです。メディアの攻撃に晒されるのが怖いからです。それ以外に理由はないでしょう。

 メディアは、それは強大な敵ですが、国内の敵にすら怯んでいて、国家間の戦争に勝てるのでしょうか。政府は、有権者の支持を得て、政権を取ったのでしょう?有権者が支持しているのに、メディアが怖くて、正当な政策を実行できないと?

 こういうのを古来わが国では「腰抜け」と言うのです。


 イラネッチケーが最高裁で敗訴しましたね。残念です。

 ですが、よかれさんのように、地上波を見ない、というところまで決心はつきません。ときどき面白い番組があるのです。

 でもですね、朝昼夕のニュース番組を見ていると、大概頭にきてすぐにチャンネルを変えるのです。でも変えたところでどこも似たり寄ったりで結局、テレビを消す、ことになるのです。

 この件に関しては、新宿会計士さんが面白い意見を申されていましたね。これはテレビ業界の自殺だと。そうですね、高齢者はいずれ鬼籍に入り、オールドメディアの支持者は、逐年減少するでしょうし、イラネッチケーでもNHKに勝てないなら、テレビを見るのを止めようと考える国民が増えるのは確実でしょうね。

 そういう意味では、新宿会計士さんの意見は卓見だと思います。奢れる者は久しからず、です。いずれ国民全員からそっぽを向かれる時代が来ることを待ちましょう♪

 
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事