プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 真正保守政治を確立する。中国・韓国・国内敵性勢力から日本を守る。日本人の誇りを取り戻すブログ。
主筆 酒楽。通称「硬派」。自称「小生」。政治、安全保障担当。
代筆:「お気楽」。硬派酒楽の疲れたときに代筆。日常・休憩など担当。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

菅内閣分析 核武装

分析第5弾、今日は核武装についてです。



 さて、日本の将来の核武装について賛成の閣僚は、ちょっとはっきりしない麻生財務大臣を含めて4名。反対及び将来にわたって検討すべきではないという閣僚が4名。賛否不明が13名。

 日本が将来、核武装をすべきか否か、という設問は、現職議員及び閣僚にとって、甚だ回答しにくい設問であろう。何故なら、佐藤栄作元総理大臣が、非核3原則を唱えて以来、核武装は、我が国の禁忌だからだ。核拡散防止条約にも署名している。こういった制約の中で、敢えて核武装を唱えるのは、政治的リスクが極めて大きいと言わざるを得ない。しかし、国家の安全保障を真摯に考えれば、この問題を避けて通ることはできまい。

 それを承知で、将来にわたって検討すべきではない、あるいは、保有すべきではないというのは、不誠実極まりないと小生は思う。せめて、回答しかねるとか、賛否を明らかにしたくないとかなら理解できる。あるいは、当面持つべきではないが、将来の保有すべき権利まで否定することはできない、または権利を留保すべきであるといった答え方をするべきだろう。

 中国、ロシア、北朝鮮といった我が国と決して友好的とは言えない国が核武装しているのである。それを抑止するために我が国も核武装すべきだという意見は、極めて常識的かつ自然な発想だ。従って、反対を表明している閣僚も決して本意でそう主張しているわけではないと信じたい。たとえば、本来核武装に賛成の岸新防衛大臣は、就任の記者会見で核武装を明確に否定した。つまり、閣僚レベルの発言としては、核武装を否定せざるを得ないということだ。それは理解する。特に防衛大臣が核武装すべきだと発言したら、大変なことになる。たぶん、即刻更迭だろう。そういうことだ。

 萩生田、橋本大臣は、聞かれていないのだろう。そして、聞かれても本来の自分の意見を公にはしないのだろう。閣僚としてはやむを得まい。

 さて、それとは別に、我が国の抑止力を向上させるためには、如何にすべきなのか?検討しないのは、政治家として極めて無責任だ。そこで、新防衛大臣の心の内を推し図り、小生が、必要最小限の処置を考えてみた。

 核武装に必要なものは何か?まず、原料となるウラン又はプルトニウムが必要だ。次に運搬手段。発射プラットフォームについても検討しなければなならない。

 まず、原料だが、ウランを濃縮するよりも使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを抽出するほうが、安上がりだ。しかも使用済み核燃料は、原発から豊富に提供される。これを使わない手はない。さらに、青森県六ケ所村の再処理工場は、近い将来本格稼働が予定されている。

 次に運搬手段だが、イプシロンロケットがある。もともとH2、H3ロケットの固体燃料ブースターとして開発されたが、単体では、イプシロンロケットとして発射されている。これで十分だ。

 プラットフォームは、当面地上発射型でやむをえないが、将来は、蒼龍級潜水艦を大型化し、3か月程度の潜水能力と垂直発射管を備えるべきだろう。

 これらの処置は、今すぐに政策として実行するには問題があるので、その準備だけにとどめることが必要だ。関係諸国は、我が国の動向をじっと見ている。だから、準備だけで十分抑止効果がある。実行すれば、政治的リスクが大きすぎるが、準備だけなら何ら問題はない。再処理工場が稼働し、イプシロンを量産し、蒼龍級潜水艦の大型化と垂直発射管を備えればいいのだ。可能性を担保するだけで、抑止力が向上する。政治的リスクを犯さず、抑止力を向上させ、我が国の安全保障に貢献する。これでいいではないか。

 政界の声なき声がひそかに準備することを期待する。萩生田文科相、橋本聖子大臣、天晴!
↓人気ブログランキングに参加しています。ポチッとしていただけると嬉しいです。

政治ランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

天晴れ門田隆将
易姓革命の国 韓国
外務大臣交代論
日韓経済人会議の暴論
米大統領選未だ確定せず
敵を育ててはならない
維新の野党第一党を歓迎する
ホンダの快挙
ペンスの勝ち!
乗り越し
噴飯ものの日中会談
バイデン氏三日天下の可能性
自衛官の給料を上げろ
投票率109%の怪
歴史の知恵
考えるのを諦めたら終わりだ
信任状奉呈式に格付けを
責任を取らない政治家たち
国産輸送機 非舗装滑走路着陸成功
信用してはならない
無責任な産経新聞
11月18日付 新型コロナ死亡率
さわやかな一日
祝 日豪準同盟
中国の戦争準備
バイデンを祝福していない首脳は誰か
新潜水艦たいげい
米メディア激変中
トランプ支持者デモ数十万人!
バイデンを勝者と認定せず!
米メディアの情報統制
情報と兵站
「鬼滅の刃」に見る日本人の美学
当ブログの紹介
キーンソード21
産経 正論にもの申す
覇権国にふさわしい大統領
不正摘発中
産経新聞 世紀の誤報
頓珍漢な内閣官房参与
電車で万歳
産経 信用に値せず
産経新聞に対する敬意と失望
大統領は治安に責任がある
産経、バイデンを当確と報道
産経新聞のダブルスタンダード
日韓 祝断交!
大本営 発表せず
米国の法治が問われている
兵士を尊重しない国は滅亡する