プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

酒税法が日本酒を殺している

日本酒造り 新規参入を許可へ 輸出向けへ特化 政府が酒税法改正へ 2019/11/20 13:33 産経ニュース

新規参入を拒むのは、業界の未来を閉ざすのと同じこと 2020.10.09 SAKETIMES

酒税の世界 明治時代に自家醸造が禁止された理由とは?
酒税の世界 なぜ自分で酒を造ってはいけないのか?(後編 )2016/1/24 税務研究ノート(栗原洋介税理士事務所)

 日曜日です。政治や戦争を置いといて、別の話をo(^▽^)o今日の記事は、この1件だけです。

 前から気になっていることを書きたいと思います。

 最初の記事では、輸出向けに新規参入を許可すると書いてます。輸出向け?国内向けは?と誰でも思うでしょう。酒楽も当然疑問に思いました。

 で、つらつらとネットを検索すると、いろいろな問題があることがわかりました。もうすでにご承知の読者様は読み飛ばしてくださって結構です。

 2つ目の記事は、元財務官僚で、酒税法に関わった方の意見です。簡単に言うと、日本酒の国内向けの新規参入は事実上閉ざされているというもの。そしてそれは業界の未来を閉ざすと同じことだと主張されています。酒楽もそう思います。

 で、その酒税法の問題点を歴史的な経緯から解き明かしたのが、3つ目の記事です。栗原洋介さんに感謝いたします。

 この3つの記事を読んでみて、日本酒業界には、根本的な問題があるのだなと思いました。日本ムラ社会の基層となる問題がそこにはあるのですね。酒楽も少しは知っていましたがここまでとは思いませんでした。

 簡単に言うと、既存の酒造メーカーを守るため、新規参入を阻止している、ということなのですね。これは、酒税を固定したい財務省国税局と、競争を阻害して自分たちを守りたい既存メーカーの談合ですね。だから輸出向けはいいわけです。自分たち業界の秩序を壊さないから。

 この記事の中で一番頭に来たのは、輸出向けに競争を助長し、世界で日本酒の評価が高まっている、という指摘です。これって、逆に言えば、国内では適正な競争が妨害され、品質の向上は望めない、とこういうことじゃないですか。

 日本酒の売り上げが減っている理由はこれです。適正な競争が阻害されているため、品質の向上が望めず、若者はそんな旨くない酒なんて飲みたくない!のです。

 日本酒業界は、自分で自分の首を絞めているのを自覚していないのでしょうか。財務省は、世界に向かって日本酒の評価を高めていますが、我々日本人には、おいしい日本酒を飲ませてはならないと考えているのでしょうか?そうとしか考えられませんね。

 競争があるから品質の向上があるのです。国税局と日本酒業界は、日本人に対して喧嘩を売っているのでしょうか。世界中の人がおいしい日本酒を飲めるのに、国内では販売できないのでしょ?おいしい日本酒を飲めるのは外国人で、日本人ではないと?

 読者諸兄の皆様、おかしいと思いませんか?

作 純米大吟醸 新酒
清水清三郎商店HPから引用

 しばらく「銘酒探訪」シリーズをお休みしていました、久しぶりにおいしいお酒に出会ったので紹介します。

 作 純米大吟醸 《2021》 新酒 ヌーヴォー 火入 1.8l 2022年リリース・ニューエディション 精米歩合50% 清水清三郎商店さんのお酒です。

 「作」は「ざく」と読みます。このお酒は、伊勢志摩サミットでの食事に提供されたお酒のうちの一つで、一躍有名になりましたね。酒楽は、その前ににょうぼと一緒にお伊勢参りをしたときにこのお酒を知りました。

 内宮前のホテルに泊まって、地元のとある居酒屋さんで飲んでいると、「ざくをください」というお客さんの声が何度もあったのです。そのときはじめて「作」というお酒があるのを知ったのです。というわけで酒楽も作を頼んで飲んでみたのです。いやーおいしいお酒でしたね。

 で、先日、行きつけの酒屋さんで「作」の純米大吟醸・新酒を見つけたので、つい買ってしまったのです。いやー、旨いです。酒楽は長年日本酒を嗜んでいますが、この値段(4,180円)でこの旨さは異次元です。

 きりっと冷やして、お気に入りのぐい飲みでやったのですが喉がうなりました。甘くもなく辛くもなくスーッと喉を通っていきます。そしてコメのうまみがストレートに伝わってくるおいしさです。しばらくぶりに感激のお酒でした。

 新酒だったせいもあると思います。これだけのお酒にはなかなか出会えません。皆さんももし見つけたら飲んでみたらいかがでしょうか。期待を裏切ることはないと思いますよ♪

先月大規模接種会場に行った帰りに東京駅の地下をウロウロしました。そして酒屋さんに作があるのを見つけましたv(o゚∀゚o)v
 
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。

政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

フォローもお願いしますo(^▽^)o
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

日台を繋ぐ 八田與一慰霊祭
日曜独語 恐竜最後の日
ロシアの苦境 入国禁止リスト
大和の歴史が紡いだ日本人
奴隷の平和より人間としての尊厳を
敵と仮想敵
韓国に日本人の怒りを示すべき
国民は政治姿勢を見ている
日曜独語 耳を澄ませば
シナの情勢判断
イーロン・マスクへの好感と失望
軍事力向上を妨害したくてたまらない・・・
頭脳流出 絶望的なロシアの未来
憲法改正の核心
座して死を待つなかれ
日曜独語 昭和だなー
姑息な補正予算
装備移転を阻止したい朝日
準備を怠ることはできない
韓国の軍門に下った岸田政権
仕事しない国会議員は金を返せ
冷遇される都市有権者
日曜独語
同盟国の信義
何言ってんだ産経!
寄付は駄目でしょ文通費
ユニクロ
韓国代表団と会ってはいけません
鈴木財務相の爆弾発言
防衛費まず補給整備費を100%に
記事の訂正とお詫び
無防備を語らない共産の不誠実
中国語と韓国語も撤去願います
有権者の心を理解しない自民党
恥を知れ!メディア
興味をそそるツイッターの動向
戦略守勢補足
国会議員歳費の増額と透明化
専守防衛から戦略守勢に転換すべし
測位衛星「みちびき」に期待する
信用に値しない国
地獄の武装障害走
フランスの蹉跌
究極の任務
大竹美学
米兵が記者に銃口 検索結果
マイク・ポンペオ圧巻のダイエット
モスクワ裁判の準備を!
恐怖の体力検定♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
デブじゃね?2