プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

脅される外務大臣

林外相「断じて受け入れられず」 在中国大使館員拘束2022/2/23 01:05 産経ニュース
大使館職員拘束の中国、日本に逆抗議「再発防止を」2022/2/23 19:27 産経ニュース

 プーチンがバイデンの足もとを見ているように、習もキモハマ政権の足元を見ています。

 今回、駐中国日本大使館職員が一時、中国当局に身柄を拘束されました。林大臣は、「断じて受け入れられない」と中国政府に抗議したようです。

 これに対して、

 中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官(外務次官補)は23日の定例記者会見で、北京市内で在中国日本大使館員が中国当局により一時的に拘束されたことについて、「中国で身分に適合しない活動に従事していた」と主張した。中国から日本側に「厳正な申し入れ」を行ったことを明らかにし、「類似の事件が再発しないよう求める」と反発をあらわにした。
林芳正

Wiki

 これが中国の対応です。傍若無人と言うか、無礼者とでも言えばいいのでしょうか。シナの本質がよく出ていますね。

 理由は簡単です。外務大臣に対する「警告」です。

日中友好議員連盟 Wiki

 林外務大臣は、ついこの間まで、「日中友好議員連盟」の会長でした。中国へは何度も足を運んでいます。ズブズブの関係でしょう。そうでなければ、日中友好議員連盟会長などできません。

 林氏が外務大臣に就任することをシナは当然歓迎したでしょう。だからシナは林外務大臣を早期にシナに招致し、林氏を抱き込もうとしたのです。いや、念押しをしたかったのでしょうね。「わかってるよね?」と。

 ところが林大臣は、そのことをフジテレビの報道番組で不用意にバラしてしまいました。これで世間から批判を浴び、中国へ渡航することは断念せざるを得なかったのです。シナは激怒していることでしょう。

 それが今回のシナの日本国外交官の不当拘束につながったのではないかと酒楽は思う訳です。「ハヤシさん、わかってるわよね、約束はどうなったの?いつまでも無視しているとこうなるのよ、いいの?」これが、華春瑩報道官の発言の趣旨だということです。

 民間人ではなく、敢て外交官を拘束したというのがミソです。つまり外務省→外務大臣をターゲットとした拘束劇だと解釈するのが素直です。これが一般人なら、日本政府を対象としたものになるのでしょうが、そうではありませんでした。外務大臣へのメッセージだということでしょう。

 さて、林大臣は窮地に追い込まれましたね。本人は当然理解しているでしょう。シナのメッセージを。口では勇ましい発言をしていますが、具体的な行動を期待する方がバカというものです。大臣は、震えあがっていると思いますよ。

 問題は、ハヤシを除くキモハマ政権が、今回のシナのメッセージを正しく理解しているのかどうかです。当事者のハヤシ大臣は理解しているでしょうが、上司のキシダさんはどうなのでしょうね?たぶん理解していないと思いますよ。「遺憾の意を示しとけ」くらいにしか考えていないのではないでしょうか。困惑を裏付けるような発言がないからです。モテギマツノは「俺は関係ない」と思っているのでしょう、発言は聞こえてきません。

 でも海の向こうでは「やっぱり」と思った人たちがいると思いますよ。特に米国では。ハヤシ大臣は、これから先、米国との交渉では役に立たないでしょう。まともに相手にしてもらえないのではないでしょうか。キシダさんも。

 キモハマ政権は、シナに嘗められているのです。いや、もっと酷いことになっているでしょう。弱みを握られているのかもしれません。いうことを聞かないと…。おーいけません、週刊誌の読みすぎです。これ以上は、ブログの品位が落ちるので書けません…。

 バイデンが、岸田氏と対面の首脳会談を開こうとしない(と酒楽は思っています、当面なのか長期なのかは知りませんが)理由がこの辺にあるのでしょう。

 林大臣が閣内にいれば、日本国全体がシナに嘗められ、脅されます。次は、外交官だけではないかもしれないのです。数万人以上の邦人がシナで働いているのです。彼らは、潜在的な人質なのです。今回の事案は、そういうことまでキモハマ政権に思い至らせた可能性さえあります。いうことを聞かないと・・・、こういうことです。キシダさんが常識的な人なら、このくらい普通に思いが至る筈なんですがね…。

 政府の毅然とした対応を期待します。まあ、ハヤシさんを大臣にしたのは、キシダさんですからね。あまり期待はできませんけどね。一番いいのは、林大臣の首をさっさと切ることです。代わりに髭の隊長なら百点満点ですww
てい鉄

陸上自衛隊HPから引用しました。

 記事とは関係ありません。これはですね、地上に張り巡らされた鉄条網をかいくぐって敵陣地に近づくための訓練です。酒楽もやりました(^-^)/こういう雨上がりのは、訓練に最適です♪もう「コンチクショー!」ですけどね(゚∀゚)

 武装障害走といいます。障害はほかにもいっぱいあります。楽しいです♪終わってしまえば(。-_-。)写真のように、水たまりに銃を浸さないようにしないといけないのです。そうしないと、銃口から水が入って、銃が正常に機能しなくなるからです。だから、水たまりの地べたを這いつくばるのは、普段の倍以上の体力が必要なわけですね♪
 楽しいですo(`ω´ )o


 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。


政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

あなた日本人?
信ずる者は救われる
日本無能外交・戦犯キシダを更迭せよ!
死者の個人情報は公益性が高いのか?
左様であるならば
因果応報年金制度が日本を救う
核共有が有効な理由
在日英国大使館前の献花
聞く耳を持つ総理
正体を現したリベラル岸田
高市派を旗揚げせよ!
中国に支配されつつある沖縄
無能な岸田政府
韓国は西側なのか←そんなわけないだろ!
最高指揮官が持つべき敬意
日本でもやってくれ!
戦おうとしないから突っ込まれるのだ
知事の責任の取り方とは
自衛官の処遇改善に第三者の意見は欠かせない
道徳的優位の行きつく果て
中国を隠す朝日新聞
国家の品格
アサリまで二重国籍か(^-^)/
ユン君とフミオ君の同床異夢♪
優先順位を決めるのが総理大臣の仕事だ
米国は韓国を正しく理解している
遠い先を見る文化と目先を見る文化
核拡散こそ核廃絶への道
韓国を待つ地獄
自由と不自由
いよっ大統領!
力の裏付けのない外交は罪である
献花は国民による国葬
献花台を設けてください
危うし日米同盟
徴用裁判に「干渉するな」
速報 仙台育英優勝 おめでとうございます
今こそ抑止力の拡大を 被爆3世
横須賀軍港巡り
ロシア軍は攻勢の終末点を迎えたのか?
残暑お見舞い申し上げます
靖国を売る岸田総理
閣議に透けて見える本質
立民は執行部を刷新すべき
緊急 韓国敵国認定!
国民は中国忖度内閣を支持しない
靖国神社 気迫が足りない政府
神々の国
兵站は国防の要
素人は戦術を語りプロは兵站を語る