プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

ウクライナ独立戦争

ブダペスト覚書 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

核放棄から始まったウクライナ危機、力なき外交の現実 力の信奉者、プーチン・習近平が値踏みする米国の「力」 2022.2.22(火)織田 邦男 JBpress

読めば分かるウクライナ危機の背景(前編)2022.2.23 テレ朝ニュース
読めばわかるウクライナ危機の背景 後編

 ウクライナの現状を理解するうえで、歴史を俯瞰する必要を感じ、とりあえずわかりやすい記事を引用しました。テレ朝ニュースを引用したのは、ブタペスト覚書を含む前後の歴史をわかりやすく解説していたので引用しました。記事の中では、相変わらずの朝日的ノスタルジアを披歴していますが、無視していただいて結構ですww

 この3つの記事を背景に現在のウクライナ危機を読み解けば、表題のように、今ウクライナは独立戦争を戦っているのだという認識に辿り着きました。

 「ウォール・ストリート・ジャーナルは社説で、核兵器放棄の見返りだった安全保障は得られず、ウクライナはブタペスト覚書に裏切られたと報じた[22]。

 ブダペスト覚書は、独裁者たちが力は正義だと考える世界において、文書化された約束を信頼することの愚かさを改めて示すものだ。さらに有害なのは、核兵器を放棄する際は自国の危険を覚悟する必要があるというメッセージだ。それは北朝鮮が学んだ教訓であり、イランが核兵器開発の凍結を約束したにもかかわらず開発を画策しているのも同様の戦略だ。 米国にブダペスト覚書の約束を実施する能力がないことは、米国の軍事的保証に依存する同盟国政府にもまた影響を及ぼすとみられる。日本や韓国が自前の核抑止力を持とうとしても驚くには当たらない。米国人がウクライナ問題に注意を払うべき理由を知りたいと言うならば、それは核の拡散だ。裏切り行為は結果をもたらす。世界はそれを厳しい形で再び学ぶ運命にあるとみられる。
— The Editorial Board、【社説】ブダペスト覚書に裏切られたウクライナ」
ブタペスト覚書
米国務長官ジョン・ケリーと英国外務大臣ウィリアム・ヘイグとウクライナ外相アンドリ・デシュチシア(英語版)の3名が話す様子。2014年3月5日、ウクライナの危機に関するブダペスト覚書閣僚会議をパリで開催した後。Wiki

 Wikiには、有料記事で読めなかったウォール・ストリート・ジャーナルの社説要旨が掲載されていました。意外な形で読めたので驚いています。

 今回のウクライナ危機の本質が明らかにされていますね。ロシアはともかく、安全保障を与えるという英米の約束は反故にされました。当時、ウクライナは独立したばかりで、国家としての当事者意識がなかったと言うべきでしょう。

 現在の親欧米政権が誕生するまで、ウクライナの政情は不安定なものでしたが、現在のゼレンスキー大統領の登場は、プーチン・ロシアにとって最後の一線を越えたという認識を抱かせたのだろうと思います。当否・善悪は別にして。

 ロシアの侵攻前後に、ウクライナ政権は、ブタペスト覚書で与えられるはずの安全保障はどうなったのだ?という悲鳴を上げていました。米英は冷淡です。彼らは、ウクライナが核を持ったまま独立されるのが不都合だっただけで、安全保障は空証文だったというだけです。これが、国際社会の冷厳な現実です。

 しかし、ウォール・ストリート・ジャーナルが主張しているように約束を反故にしたのは事実なので、国際社会は、声には出していませんが、米英をはじめ、自由主義諸国が決して正直者の集まりではないことを改めて認識したものと思います。

 結局、ウクライナは、今初めて生みの苦しみを味わい、独立戦争を戦っているという立ち位置になっているのです。でもレゼンスキー大統領は立派です。そして、独立して約30年とは言え、戦う姿勢を見せているウクライナ国民も立派だと思います。ロシアによるウクライナ制覇が長引け長引くほど、ロシア・プーチンは不利になっていくでしょう。

 翻って、日米同盟が未来永劫盤石なはずはありません。日米が国益を共有している間は大丈夫でしょうが、国家の間に永遠の友はいないのです。あるのは永遠の国益だけなのです。アメリカは守ってくれるのか?といつも思っているわが日本は、とても一人前の独立国とは言えないのではないでしょうか。

 イラクも北朝鮮も何故核を手放さないのかをウォール・ストリート・ジャーナルはわかりやすく解説し、しかも説得力のある内容になっています。日米同盟が解消される日が、我が国の独立の日であり、それまでに、自ら戦える体制を整える必要性は明らかなのです。戦える体制とは何かといえば、日本人が日本を護る気概を持つというだけです。当たり前の話ですが。

これがその証拠です。北朝鮮「ウクライナにはならない」と宣言 核兵器開発を正当化 2022/2/27

 ご清聴ありがとうございました。

酒楽
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。


政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

信ずる者は救われる
日本無能外交・戦犯キシダを更迭せよ!
死者の個人情報は公益性が高いのか?
左様であるならば
因果応報年金制度が日本を救う
核共有が有効な理由
在日英国大使館前の献花
聞く耳を持つ総理
正体を現したリベラル岸田
高市派を旗揚げせよ!
中国に支配されつつある沖縄
無能な岸田政府
韓国は西側なのか←そんなわけないだろ!
最高指揮官が持つべき敬意
日本でもやってくれ!
戦おうとしないから突っ込まれるのだ
知事の責任の取り方とは
自衛官の処遇改善に第三者の意見は欠かせない
道徳的優位の行きつく果て
中国を隠す朝日新聞
国家の品格
アサリまで二重国籍か(^-^)/
ユン君とフミオ君の同床異夢♪
優先順位を決めるのが総理大臣の仕事だ
米国は韓国を正しく理解している
遠い先を見る文化と目先を見る文化
核拡散こそ核廃絶への道
韓国を待つ地獄
自由と不自由
いよっ大統領!
力の裏付けのない外交は罪である
献花は国民による国葬
献花台を設けてください
危うし日米同盟
徴用裁判に「干渉するな」
速報 仙台育英優勝 おめでとうございます
今こそ抑止力の拡大を 被爆3世
横須賀軍港巡り
ロシア軍は攻勢の終末点を迎えたのか?
残暑お見舞い申し上げます
靖国を売る岸田総理
閣議に透けて見える本質
立民は執行部を刷新すべき
緊急 韓国敵国認定!
国民は中国忖度内閣を支持しない
靖国神社 気迫が足りない政府
神々の国
兵站は国防の要
素人は戦術を語りプロは兵站を語る
敗戦の日に思う 千玄室