プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

守銭奴の末路

企業のロシア離れ加速 ブランド棄損リスクも
2022/3/6 16:28 産経ニュース
http://www.sankei.com/article/20220306-6OVK7QM4HNISDKPBYQ2ASE2G5U/

 曖昧な態度を続ける日本企業の姿勢について、明星大の細川昌彦教授は「今回の問題が一時的な制裁で終わると考えているなら大きな間違いだ」と指摘。その上で、「グローバルに事業を展開する企業は投資家の目やレピュテーション(評判)リスクを考えて動かないといけない。経営者は国際秩序の変化への研ぎ澄ました感度が必要で、判断を先送りすべきではない」と話している。(蕎麦谷里志、高木克聡、加藤園子)

 記事の最後の部分を引用しました。

 普段、企業の社会的責任などと声高らかに叫んでいる有名企業が、実は守銭奴集団だったことが明示されました。酒楽は、この手の問題について、過去何度も同じ主張をしています。

 特に中国進出企業については、厳しく批判してきました。我が国の領土である尖閣諸島に対し、中国の領土であると主張し、海警局船舶をもって領海侵犯を繰り返し、日本漁船の操業を妨害し続ける中国。新疆ウィグルでの人権侵害を繰り返し、台湾の領有と侵攻を公言してはばからない中国。

 これらの一連の中国の行動は、我が国に対する敵対的行動だと言われても反論できないでしょう。であるにもかかわらず、中国に進出する本邦企業、そこから利益を得ることに血眼になり、従業員の安全を軽視する日本企業。これが我が国経済界の現状です。

 今回のロシアのウクライナ侵攻に対して、欧米企業は、速やかにロシアでの操業などから撤退を表明しています。それに対して、本邦企業の動きは、鈍いです。徹底的に鈍い。鈍いというよりも、できればこのまま事業を継続したい気持ち満々です。

 それは、企業経営者としての判断でしょうが、ロシアからの事業撤退を表明している欧米企業との差異は際立っています。本邦企業は、ロシアに加担するのか?と問われても反論はできないでしょう。

 それは、企業イメージを破壊する行為です。東芝ココム違反事件を思い出してください。アメリカの議員が、東芝製のラジカセをハンマーで破壊する映像が、世界に向かって流され、我が国のイメージは、大きなダメージを受けたのです。現在、それと同じことを本邦企業が行っているのです。これは、ロシアに対する欧米各国の批判を逆なでする行為なのです。

 日本は、そこまでして利益を貪るのか?と言う結末になります。東芝ココム事案を彷彿とさせますね。そこから何も教訓を得なかった本邦企業は、今回の傍観者的態度、遅疑逡巡のツケを払わされるときがくるでしょう。

 企業イメージ、ブランド価値の暴落と言う結果が間もなく訪れるのではないでしょうか。それは、本邦企業のイメージダウンだけにとどまらず、日本国そのものの意志を疑われ、国益を著しく棄損するかもしれないのです。
守銭奴
 あまりにも鈍感だと思います。酒楽は、何度も主張していますが、中国に進出している企業は、無責任極まりないのです。中国に駐在している本邦企業の駐在員は、潜在的な人質なのです。本来なら、外務省は本邦企業に対して、ロシアにとどまらず、中国への渡航制限を設けるべきなのです。

 そして、それが無理なら、せめて本邦企業に対し、中国での経済活動は、企業側の自己責任でお願いします、とはっきり言わねばなりません。いつどこで日本人駐在員が不当に拘束されてもおかしくないのが中國だからです。

 外交官でさえ拘束されるのです。民間人など、赤子の手をひねるほど簡単に拘束されるでしょう。理由は簡単です。好ましからざる行動をとった、というだけです。本邦企業の経営者は、こういう事態を想定していないのでしょうか?していないのでしょうね。でなければ、あれほど大規模に中国に進出するはずがありません。

 でも利を貪るツケはいずれやってきますよ。あなた方には、とても責任をとれない形で。その時になって、政府に泣きつかないでくださいね。人質を取られようが、会社がつぶれようが、全ては「自己責任でお願いします」。

 先日、クリーニング屋さんに行きました。するとですね、何と二次元バーコードがおいてあるではありませんか♪店員さんに聞いてみると「はい、この前から使えるようになりました」とおっしゃるわけです。いやー良かったです。これでまた一つ、現金を使う用事が減りました。

 あと残っているのは、床屋さん、とあるスーパーマーケット、そしてかかりつけのお医者さんだけです。でもですね、何度か言ってますが、現金オンリーのところは、良心的なのです。何故なら、バーコード決済は、必ず手数料を取られるからです。ただほど高い物はないのです。便利さの陰には、誰かが必ず負担を強いられているからです。それはお店かもしれないし、利用者である私たちなのかもしれません。現金オンリーのところは、それで安いサービスを我々に提供してくれている、ということなのです。

 なので酒楽としては、うれしさ半分、残念な気持ち半分なのですね。また一つ、バーコードの軍門に下ったか、と言う気持ちです。
 
 ↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

大東亜戦争と呼んで何が悪いのだ
自助努力こそ自由主義社会の神髄だ
「陸自システム通信・サイバー学校」の改編を祝す
日本もウクライナに軍事支援するべきだ
朝日新聞の悪意「養子への皇位継承資格は持たせず」
女性自衛官の処遇をよく考えてもらいたい
国交大臣は自民党に戻すべきだ
惨事防ぐ人質解放を急げ 朝日に騙されるな
現実に向き合いたくないヨーロッパは、もしトラを恐れる
地上波テレビの終焉は近い
政治に清廉を求める愚
外務省は何故抗議しないのか
嘘つきと合意する間抜けな日本政府
脅迫に口を閉ざすマスコミ
脅迫に屈しない産経は素晴らしい
川勝知事の辞任は日本の為によいことだ
世界に向けて韓国の非を打ち鳴らすべきだ
自民・維新は本当の保守なのか
池上彰に反論する
再び日本に帰らないんじゃないの?
韓国にはなぜ売国奴がこんなに多いのか
維新は躍進し国民民主は埋没する
決心 攻撃 矢は左
政府は自縄自縛の悪夢から目を覚ませ
自滅へ向かう中国経済
嘘つき日テレから免許を剥奪せよ
逃げる太郎に大臣の資質は無い
自然エネルギー財団とは何者なのだ?
無能な経産省
沖縄の声を聴いてみたい
産経だけが真っ当なメディアである証拠
沖縄はどうやって生きていくつもりなのか
全個体電池潜水艦を開発するべきだ
NYの悲惨な現実は日本の未来だ
世論を悪用する朝日
天皇陛下がおわす幸せ
宗教団体の政治的活動を禁止すればいい
何故無礼な韓国と友好関係を結ぶのだ
自前の核を持たないドイツの苦悩=日本も同じだ
マクロンは為政者の鑑だ
夫婦自衛官の根本的問題
ヤマトの気概を示せ
韓国との外交関係を白紙的に見直すべきだ
滑稽な未婚狩り
死にたいくらい憧れた「東京」
謀殺されまいとする中国の悲鳴
欺瞞国家に未来はない
北朝鮮には押す一手しかない
漫画の魅力 追悼 鳥山明さん
国益と自国優先こそ国際政治の真実だ