プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

核の傘

日本も「核共有」検討すべき 中国が侵略して米国は本当に対抗してくれるか?「経済制裁」でお茶を濁す可能性 大原浩 2022.3/14 06:30 ZAKZAK

中国と「戦争」すればこうなる…尖閣守る日米同盟と「核の傘」 東京国際大学教授・村井友秀 2016/6/17 11:00 正論/産経新聞
 


 先日来、核シェアリングが注目の話題になっています。ZAKZAKの最新記事では、国際投資アナリスト 大原浩氏が核共有を検討すべきという意見を開陳しています。酒楽も基本的に核共有推進派です。

 ところで、この核シェアリング=核共有に関する記事を検索していたら、たまたま正論の村井教授の記事がヒットしました。2016年という些か古い記事なのですが、読んでみて圧倒されました。さすが戦略の碩学村井教授です。

 6年前の記事であるにもかかわらず、その論旨はいささかも古びていません。現代でも十分通用する主張だと酒楽は思いました。

 村井教授の主張については、URLを貼り付けおきましたので、興味のある方は、ご一読をお勧めします。

 村井教授の主張の結論を言えば、米国の提供する核の傘が信頼性を維持しているか否かは、米国がどれほど真剣に覇権を維持しようと思っているか否かに左右されるというものです。記事では、覇権を維持しようとする米国の逆核威嚇によって、中国は核恫喝を引っ込めるだろうということになっています。

 尖閣を巡っての日米中角逐は、中国の核恫喝、米国による逆核威嚇の応酬の結果、米国の勝利に帰するということです。

 ということなのですが、やはり、米国の核の傘は、米国の意志によって信頼性が維持されているということなのですね。問題は、米国は、現在でも真剣に覇権を維持しようとしているのかと言うことです。

 酒楽の意見は、現在も変わらず、米国は覇権を維持しようとしているというものです。理由は簡明です。米国が覇権の維持を諦めたら、破滅が待っているからです。たとえば、中国の核恫喝に対し、米国が自国の被害を考慮して、核の傘の提供をしないといえば、日本は中国の属国になります。
傘
 米国は、安泰です。しかし、日本に対する核の傘の提供を停止すれば、同じように核の傘の提供を受けている国は動揺するでしょう。当然ですね。米国による拡大抑止はこれで破綻します。同盟は解消されるでしょう。イコール、中国の勢力圏化に入るしか道は残されていません。

 それは、米国の覇権の基礎を揺るがします。ドル基軸態勢は、崩壊するかもしれません。それは、米国が破滅するということです。米国が米国債によって、海外から多額の資金を調達していることはつとに有名ですが、ドル基軸態勢が揺るげば、米国債は暴落するでしょう。

 米国は財政的に行き詰まり、経済的に破綻すると思われます。つまり、覇権国が米国から中国に交代するということです。

 米国としては、こういう事態は絶対に避けようとするでしょう。つまり、覇権を維持できなければ破滅が待っているのですから、中国の尖閣奪取、核恫喝に米国は屈することなく、逆威圧して、中国が尖閣奪取を諦めるというシナリオは、今日でも有用だということです。

 ただし、核の傘の信頼性が未来永劫継続するとは限りませんので、核共有は、可能ならば、確立すべき次善の策なのは当然だと酒楽は思います。

  ロシア外務省は15日、欧州の人権保護などを目的とした国際機関「欧州評議会」(フランス・ストラスブール)から脱退すると発表した。同評議会が作成した欧州人権条約からも離脱する。同評議会の閣僚委員会は16日、ロシアの除名を決定。除名は即時に発効した。17日零時 産経

 ロシアは相当追い詰められているのですね。打つ手がすべて悪手です。唯一中国が後ろ盾になっていますが、いつまで続くでしょうか。あからさまな支援が明らかになれば、中国も世界から非難を浴びるでしょう。中国も制裁は恐ろしいでしょうから、ロシアへの支援は、限定的なものになるのだと思います。

 ただし、米国の覚悟次第ですね。バイデンが本気で中国を締め付けようとするなら、中国もおとなしくしているでしょうが、少しでも弱気が見えれば、米国の足元を見て、ロシアを支援するでしょう。

 米国は、ロシアではなく、中国を見ているのだということをもっとはっきりと、目に見える形で中国に示さないといけないと思います。果たしてバイデンにその覚悟はあるのでしょうか。

 ロシアの日本周辺での示威行為が激しくなっています。困っていることの表れでしょうが、津軽海峡を経由して、ウクライナ正面への武器物資の輸送を行っている兆候があるので、隊長の言うとおり、ウラジオストック経由の海運に制限を加える施策を打ってほしいですね、日本政府に。できるでしょうか?
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

失敗の本質を理解しない外務省
日台を繋ぐ 八田與一慰霊祭
日曜独語 恐竜最後の日
ロシアの苦境 入国禁止リスト
大和の歴史が紡いだ日本人
奴隷の平和より人間としての尊厳を
敵と仮想敵
韓国に日本人の怒りを示すべき
国民は政治姿勢を見ている
日曜独語 耳を澄ませば
シナの情勢判断
イーロン・マスクへの好感と失望
軍事力向上を妨害したくてたまらない・・・
頭脳流出 絶望的なロシアの未来
憲法改正の核心
座して死を待つなかれ
日曜独語 昭和だなー
姑息な補正予算
装備移転を阻止したい朝日
準備を怠ることはできない
韓国の軍門に下った岸田政権
仕事しない国会議員は金を返せ
冷遇される都市有権者
日曜独語
同盟国の信義
何言ってんだ産経!
寄付は駄目でしょ文通費
ユニクロ
韓国代表団と会ってはいけません
鈴木財務相の爆弾発言
防衛費まず補給整備費を100%に
記事の訂正とお詫び
無防備を語らない共産の不誠実
中国語と韓国語も撤去願います
有権者の心を理解しない自民党
恥を知れ!メディア
興味をそそるツイッターの動向
戦略守勢補足
国会議員歳費の増額と透明化
専守防衛から戦略守勢に転換すべし
測位衛星「みちびき」に期待する
信用に値しない国
地獄の武装障害走
フランスの蹉跌
究極の任務
大竹美学
米兵が記者に銃口 検索結果
マイク・ポンペオ圧巻のダイエット
モスクワ裁判の準備を!
恐怖の体力検定♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪