プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

ウクライナ形勢逆転か

想定以上に膨らむロシア軍の損失、侵攻長期化は得策ではないと判断か…停戦協議にも本腰 2022/03/18 07:00 読売新聞オンライン

バイデン氏、ゼレンスキー氏要求に「満額回答」せず…支援の目玉は無人機100機 2022/03/17 21:03 読売新聞オンライン

 形勢はウクライナに傾きつつあるようです。

 読売新聞は、ロシア軍の損失が想定以上であり、侵攻作戦に黄信号が灯り始めていると報じています。そのため、停戦交渉は進展し、ロシアの強硬姿勢は消滅し、妥結に向けて軟化し始めていると伝えています。

 また、米国は、ゼレンスキー氏の要望に100%応じるわけではないようですが、対空、対戦車兵器及び無人機の追加供与を決めたようです。ウクライナにとっては、大きな成果でしょう。ロシアにとっては、暗雲が垂れ込め始めたということです。

 昨日、キーウ攻防戦の兵站問題について論評しましたが、戦っているのはキーウだけではありません。北、東、南方面でロシアはウクライナに侵攻しています。約15万人の兵力を費やしていると報道されていますが、これだけ広範囲に部隊を運用するとすれば、15万人では到底不可能だと酒楽は思います。陸戦の常識から言って。

 もし15万人という数字が本当なら、それはスカスカの状態でしょう。もちろん、攻撃を受けているウクライナの軍も同じようにスカスカなのだと思いますが。

 正面戦力が15万人だとしても、それを支える部隊を含めれば、その倍は充当しているものと思います。そうすると約30万人になります。

 いずれにしてもロシアは既に攻勢の終末点を迎えている可能性があるということです。早すぎます。独ソ戦の形勢の転換点は、クルスクの戦いでした。ヒトラーの介入で、戦機を逸したマンシュタイン将軍は、一敗地に塗れました。

 しかし、このとき既にドイツ陸軍は攻勢の終末点を迎えていたのです。逆にソ連は、戦勢を挽回し、大規模な反撃を始めたのです。ドイツがソ連を攻撃してから2年は経過しています。ロシアがウクライナに侵攻してから、まだ1か月経っていません(゚∀゚)早すぎです(゚д゚)
形勢逆転
 ウクライナにロシア軍を逆包囲するような攻勢作戦など難しいでしょうが、攻勢の終末点を迎えている(可能性のある)ロシア軍を撃退することは可能かもしれません。

 無人機を使って、補給幹線を集中的に攻撃すれば、ロシアの前線部隊は補給を受けられなくなり、必然的に後退せざるを得ません。前線にとどまれば、弾薬と燃料が欠乏し、それこそウクライナ軍の餌食になるでしょう。ソフィン戦争でのフィンランドのモッティ戦法の再来になるでしょう。

 ロシア軍は、最新の戦争の教訓を学んでいなかったのでしょうね。ドローンや無人機を使った戦術が、戦場を支配するのが現代戦です。そりゃ、S400などのように、高性能な対空レーダシステムをロシアは持っていますが、空軍戦力と言えるような空軍を保持していないウクライナ軍に対しては費用対効果が極めて悪いのです。

 ロシア軍による空爆は、主に戦闘機、攻撃機、ヘリコプターによって行われていると思います。しかし、ウクライナの対空戦力は侮れないですね。おそらくスティンガーだと思いますが、ロシアのパイロットにとっては悪夢以外の何物でもないでしょう。次々に撃ち落されています。逆に陸軍は、ドローンや無人機には、適切に対応できていないのでしょう。それがキーウ包囲を遅らせている現状に正直に反映されています。

 ロシアの姿勢が軟化しているということは、想像以上にロシア軍の状況が悪いということでしょう。戦勢は逆転しているのかもしれません。そうでなければ、あれだけ強硬姿勢だったロシアの姿勢が軟化するとは考えられないからです。プーチン危うし。

 ゼレンスキー氏の演説はうまいですね。チャーチルの演説を引用したり、実に巧みです。彼には歴史に詳しい有能なライターがいるのでしょう。

 あらゆる手段を排除せず、適切に対処すると、おまじないのように同じ言葉を繰り返す、どこかの大臣に教えてやってくださいo(`ω´ )o


 蔓延防止措置が解除されますね(´∀`σ)σ正直嬉しいです。しばらく友達とも会っていないので(;_;)そろそろ一杯やりたいなと(^∇^)カラオケで歌いたいなと♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪春ですね((^∀^*))
 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。


政治ランキング
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

ホワイト国復帰・政府は理由を明らかにせよ
防衛に知見なし 朝日新聞
米国における華人と日本人
プロの本領~中国国防部
台湾は日本の存立危機事態だ
西側MBTが戦勢を逆転する
中国の悲鳴が聞こえる
中距離弾道弾も原潜も可能だ
脳の限界
魂を売った維新
自衛隊の深刻な練度不足
韓国を批判するシナの苦境
中国経済は自滅するのか
日本人がヒュンダイのEVを買わない理由
習近平は堯舜に学び徳治を行うがいい
紅白歌合戦が気になって仕方がない韓国♪
輸出管理の厳格化に変更はない?
野蛮人は野蛮人を理解する
紳士と野蛮人の違い
シナは隣国を敵に回すかつての道を歩んではならない
メディアは世論調査の質問を開示すべきだ
民主主義の本質を理解しない産経新聞
林外相を中国に行かせたくて仕方ない朝日新聞
日本を騙す気満々・韓国・やっぱり
中国人に車を売る時は(^-^)/
リニアは中止すべきだ
仲良くしたいと言われてもねー
深化する日米同盟
日曜独語 お前のような若造に何がわかる!
騙す韓国・騙され続ける日本
ユニクロの衝撃
覚醒するヤマト
日本は台湾防衛に関与するのか?
精鋭無比第1空挺団
中国人へのビザを停止すべき
要請があっても朝鮮半島には行かないよ♪
訓練時間の確保が喫緊の課題だ
日本が大好きな韓国人ww
中国の軍門に降ったドイツ
B21はゲームチェンジャーになるのか
NHK消滅は歴史の必然だ
日曜独語
韓国人は現実を受け入れられるのか?
中共は財政難?
中国を締め付ける日米同盟
乃木神社を参拝したら軍国主義者なのか
劣化する左翼メディア
TV凋落の原因はあれだ
阻む米国 盗むシナ
馬と鹿