プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

ジャベリンとT72

ジャベリン
ジャベリン Wiki
T80
T72 Wiki

 えーっとですね、政治と軍事ばかりを話題にしていると、疲れますね。それで今回は、兵器四方山話として、ジャベリンとT72について紹介したいと思います。

 上の写真がジャベリンです。下の写真はその標的にされているT72です。ロシア(厳密にはソ連ですが本記事ではロシアで統一します)の戦車は、第2次大戦で活躍したT34が有名ですが、戦後を代表する戦車はT72です。T-72はT80やT90といった派生型がありますが基本設計はT72のままです。最新型はT14アルマータですが、まだほとんど配備されていないようです。湾岸戦争では、イラクがT72を大量に配備していて一躍脚光を浴びましたが、アメリカのM1エイブラムズの前に完敗しました。

 T72の特徴は、125mmという大口径砲と機動力ですが、装甲と照準装置には劣ると言われています。そこでロシアは爆発反応装甲を開発して戦車に取り付けました。写真の戦車の前部及び砲塔に取り付けられている直方体のものが爆発反応装甲です。

 爆発反応装甲は、敵の対戦車ミサイルが戦車の装甲に当たり、ジェット噴流で装甲を破る成形炸薬弾や装甲表面で爆発して、装甲内部を剥離させる粘着榴弾などに対して、爆発反応装甲を爆発させることにより、対戦車ミサイルの有効性を相殺することで戦車を守るというコンセプトで開発されたものです。

 ジャベリンは2段階で爆発することで、爆発反応装甲を過早に爆発させ、2度目の爆発で戦車の装甲を破壊する優れモノなのですね。しかもトップアタックです。これでは戦車の乗員はたまったものではありませんね。

 さらに打ちっぱなしです。撃った後、射手は直ぐ逃げることができるのです。ロシアの攻撃が予期の通り進まない原因の一つは、このジャベリンの効果だと思われます。

 それにしてもですね、写真や映像を見て驚いたのは、ロシアの戦車です。T72とその派生型ばかりです。T80やT90は、ロシアの兵隊さんから、T72BとかT72Cとか言われているのです。つまり、ほとんどT72です(笑)

 アメリカは、1980年代にエイブラムズを実用化し、ドイツ、イギリス、フランスも複合装甲を施した最新型の戦車に換装しています。

 陸自も74式戦車から、90式、10式と換装し、旧世代の74式戦車は、どんどん退役しつつあります。ロシアはそれだけ貧乏だということですね。いくら最新型の兵器を開発しても、現場に配備できていないのです、ロシアは。

 ジョージアとアルメニア紛争では、無人機やドローンが戦場を支配しました。そしてウクライナもこれらをうまく活用しています。テレビの報道によれば、市販のドローンを使って標的を特定し、攻撃しているのです。

 ちなみに米海兵隊は、沿岸から上陸作戦を敢行し、戦車等で制圧する作戦を放棄したようで、戦車を廃棄させつつあります。そういう戦い方は時代遅れだと思っているのでしょう。

 さて、そのコンセプトが正しいかどうかについて結論は出ていませんが、ウクライナ戦争は、その問題に一定の結論を出すことになるかもしれません。

 戦い方は日進月歩ですね。変化を恐れる軍隊は、戦場で敗者になるのです。陸自は、20年以上前から「部隊実験」を行って、将来の戦い方を研究し、装備体系や戦い方に反映しています。時代の変化に対応できていることを願うものです。

 今日は以上です。ご清聴ありがとうございました。

 問題は予算です。いくら将来の戦い方を検討しても予算がつかなければ絵に描いた餅です。ケチん坊の財務省はなかなか予算をつけてくれません。新しく部隊を編成しようとしてもスクラップアンドビルドが原則なので、充足は向上しません。

 毎年、過去最大の防衛予算だと報道されますが、実情はお寒い限りです。こういう時だけは、メディアは財務省の味方です。大陸の軍事予算と比べてみてください。軍事力が適正な水準か否かは、相手と比較して初めて判断できるのです。

 我が国の防衛予算は少ないです。間違いなく。我が国を守るためには、少なくともGDPの2%は必要です。今の倍です。でもそれで国の安全が保たれるなら安いものです。国を失ってからでは遅いのです。そういうことを国民の大半の方々がご存じありません。それで良いわけないでしょ?

 国家の安全保障を蔑ろにすればウクライナのようになるのです。

 
↓ブログを読んでいただき有難うございます。ぽちっとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

トシ伝説 独裁者69歳死亡説
「国の借金」は「国民の借金」ではない
分断なんかされてない!
献花してきました
国家観の無い立民に未来はない
国葬の本質を理解しない弔問外交の愚
プーチンに逃げ場所はない
あなた日本人?
信ずる者は救われる
日本無能外交・戦犯キシダを更迭せよ!
死者の個人情報は公益性が高いのか?
左様であるならば
因果応報年金制度が日本を救う
核共有が有効な理由
在日英国大使館前の献花
聞く耳を持つ総理
正体を現したリベラル岸田
高市派を旗揚げせよ!
中国に支配されつつある沖縄
無能な岸田政府
韓国は西側なのか←そんなわけないだろ!
最高指揮官が持つべき敬意
日本でもやってくれ!
戦おうとしないから突っ込まれるのだ
知事の責任の取り方とは
自衛官の処遇改善に第三者の意見は欠かせない
道徳的優位の行きつく果て
中国を隠す朝日新聞
国家の品格
アサリまで二重国籍か(^-^)/
ユン君とフミオ君の同床異夢♪
優先順位を決めるのが総理大臣の仕事だ
米国は韓国を正しく理解している
遠い先を見る文化と目先を見る文化
核拡散こそ核廃絶への道
韓国を待つ地獄
自由と不自由
いよっ大統領!
力の裏付けのない外交は罪である
献花は国民による国葬
献花台を設けてください
危うし日米同盟
徴用裁判に「干渉するな」
速報 仙台育英優勝 おめでとうございます
今こそ抑止力の拡大を 被爆3世
横須賀軍港巡り
ロシア軍は攻勢の終末点を迎えたのか?
残暑お見舞い申し上げます
靖国を売る岸田総理
閣議に透けて見える本質