プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

専守防衛から戦略守勢に転換すべし

「専守防衛」自民に見直し論 安保環境変化に対応 2022/4/12 00:29 産経

 自民党の安全保障調査会は、専守防衛を見直すとの意見が大勢を占めた、と産経が伝えています。賛成します。

 専守防衛は、我が国を守るものではありません。そういう意味では、ロシアに感謝せねばならないと思います。専守防衛と言う概念が、国家を防衛するためには、全く役に立たないことを実証してくれたからです。

 もう何年も前から、専守防衛の問題点が指摘されてきました。しかし、自民党も野党も専守防衛は、国是であるとか、他国を侵略しないとか、攻撃を受けるまで戦闘を行わないとか、先制攻撃などもってのほか、あるいは敵基地攻撃能力など持ってはならないとか、まあおとぎ話のようなことを平気で主張してきたのです。

 酒楽は何年も、何十年もそのような政治家の建前論を聞いて、いつも激怒していました。彼らは、まったく無責任です。そんなことで国を守れると本気で思っていたのでしょうか?いいえ、そうではないでしょう。自民党は、そういうきれいごとで国会運営を円滑に行い、本質を語ろうとしませんでした。選挙対策の何物でもないでしょう。党利党略で、専守防衛と唱えていただけのことです。

 野党は、我が国を防衛する気など、さらさらありませんね。何故なら、憲法9条を金科玉条、絶対変えてはならない、不磨の大典としているからです。我が国が軍事力を持つことさえ反対なのですから。専守防衛は、我が国の危機を招くことを知っていながら、我が国ではなく、どこかの国のために、平然と専守防衛を主張しているのです。

 ウクライナ戦争は、その荒唐無稽な主張の本質を明らかにしてくれました。専守防衛では、戦争を抑止することはできないと。しかも戦争初期には、圧倒的に不利になると。国民は多大な犠牲を強いられると。他国の支援なしでは、国家の維持も困難だと。こういった国家安全保障にかかわる本質的な問題を今次ウクライナ戦争は白日の下に晒したのです。

 自民党は、ようやく重い腰を上げました。遅すぎるくらいですが、一歩進めようとするその姿勢はいいことだと思います。我が国を守るために、百害あって一利なしの専守防衛と言う政策は、この際速やかに廃止するべきです。それが、政府としての、最低限の責任です。

 では、如何様になすべきか。酒楽の先輩で織田元空将が、産経新聞「正論」で、説得力のある主張をされているので、それを紹介したいと思います。

専守防衛から「戦略守勢」へ転換を 東洋学園大学客員教授・元空将 織田邦男 2021/11/18 08:00 産経

 いかがでしたか、傾聴に値する意見だと酒楽は思います。織田さんは、昨年から産経新聞、正論の執筆陣に加わったようです。なお織田邦夫に関するWikiの解説で、元空将の佐藤守は、織田を「明敏で教養があり、気骨がある」と評している[3]。という下りがありますが、酒楽の好きなブログ「軍事評論家=佐藤守のブログ日記」の管理人さんです。酒楽は、軍事関係の評価を求めて、ときどき佐藤守さんのブログを拝見しています。織田さんも佐藤守さんも、いずれも劣らぬ慧眼の持ち主だと思います。余談でした。

 自民党が、速やかに専守防衛と言う悪の政策を破棄し、戦略守勢に転じることを願ってやみません。

 ご清聴ありがとうございました。
 
↓読んでいただきありがとうございます。ポチッとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

信ずる者は救われる
日本無能外交・戦犯キシダを更迭せよ!
死者の個人情報は公益性が高いのか?
左様であるならば
因果応報年金制度が日本を救う
核共有が有効な理由
在日英国大使館前の献花
聞く耳を持つ総理
正体を現したリベラル岸田
高市派を旗揚げせよ!
中国に支配されつつある沖縄
無能な岸田政府
韓国は西側なのか←そんなわけないだろ!
最高指揮官が持つべき敬意
日本でもやってくれ!
戦おうとしないから突っ込まれるのだ
知事の責任の取り方とは
自衛官の処遇改善に第三者の意見は欠かせない
道徳的優位の行きつく果て
中国を隠す朝日新聞
国家の品格
アサリまで二重国籍か(^-^)/
ユン君とフミオ君の同床異夢♪
優先順位を決めるのが総理大臣の仕事だ
米国は韓国を正しく理解している
遠い先を見る文化と目先を見る文化
核拡散こそ核廃絶への道
韓国を待つ地獄
自由と不自由
いよっ大統領!
力の裏付けのない外交は罪である
献花は国民による国葬
献花台を設けてください
危うし日米同盟
徴用裁判に「干渉するな」
速報 仙台育英優勝 おめでとうございます
今こそ抑止力の拡大を 被爆3世
横須賀軍港巡り
ロシア軍は攻勢の終末点を迎えたのか?
残暑お見舞い申し上げます
靖国を売る岸田総理
閣議に透けて見える本質
立民は執行部を刷新すべき
緊急 韓国敵国認定!
国民は中国忖度内閣を支持しない
靖国神社 気迫が足りない政府
神々の国
兵站は国防の要
素人は戦術を語りプロは兵站を語る
敗戦の日に思う 千玄室