プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

冷徹慧眼

衝撃の「ロシア敗北論」全文和訳…元駐ウクライナ中国大使は何を語ったのか 2022.05.17 現代ビジネス

 現代ビジネス、近藤大介氏の署名記事です。高玉生(こう・ぎょくせい)元駐ウクライナ中国大使(74歳)の講演内容が全文紹介されています。

 この記事は、ネットで配信され、速攻当局によって消されました。それだけ中国共産党政権にとっては、知られたくない内容だったということでしょう。消されれば読みたくなるのが人情と言うのもです♪


1.ロシアが失敗に向かった主要な原因。
第一に、(1991年12月の)ソ連解体後、ロシアは終始、衰退していく過程が続いていた。その衰退は、まず解体前のソ連の衰退の持続であり、ロシアの統治グループの内外政策上の失策とも関係している。西側の制裁もまた、衰退の進展を加速化させた。
プーチンの指導下で行われたいわゆるロシアの復興、もしくは振興は、もともと存在していない架空の出来事だったのだ。ロシアの衰退の芽は、経済・軍事・科学技術・政治・社会など各分野において、またロシア軍及びその戦力にも、深刻なマイナスの影響を与えたのである。



 この講演の核心はこれですね。高氏の主張通りならば、ロシアの衰退は、必然だったということです。冷戦に敗北した理由は、端的に言えば経済です。アメリカ・西側諸国に対抗するための軍備増強を支える経済力がなかったのが敗北の原因です。

 西側の制裁とは、対共産圏輸出統制委員会(COCOM)のことを言っているのでしょう。

 ソ連が崩壊した原因は、主として共産主義経済を象徴する計画経済によるものです。戦時経済ならばそれでいいのでしょう。事実、第2次大戦後まで、ソ連の5か年軽計画は、共産圏と西側共産主義者の絶賛を浴びました。水爆の開発も宇宙ロケットの開発もソ連がアメリカに先んじたのですから。

 しかし、計画経済に自由はありません。軍備に偏重したソ連国民は、経済的には塗炭の苦しみを味わったのです。ソ連と言えば「行列」でした。消費物資が乏しいソ連国民は、たまに販売される目玉商品に行列を成していたのです。これは計画経済の弊害であり、共産主義の根本的な誤りです。

 後継国家であるロシアが引き続き衰退したのは、この共産主義経済モデルから、自由経済モデルへの転換に失敗したからです。ロシアの体制下で、経済的イノベーションの萌芽もありませんでした。資源経済に傾斜し、国内企業は、ほとんど西側企業体の僕になったのです。これがロシア衰退の根本的原因だったのだと思います。

 中国は旨くすり抜けたのです。鄧小平の「改革開放」政策に、西側は見事に騙されました。日本を含め。今や14億の民が世界経済を左右するまでになったのです。

 中国は、共産主義市場経済と言う摩訶不思議な体制を生み出しました。経済的には、制約はあるものの、西側自由主義経済とほぼ同じです。ただし、資本の自由化は行っていないので、海外企業は中国市場での利益を自国に還元することには制約があります。これもまた、中国経済の発展に寄与しました。

 利益を還元できなければ、中国市場で再投資する以外に道はありません。中国の安価な労働力に頼る体制が出来上がってしまい、西側企業は、最早中国市場からの撤退も、新たな労働市場を開拓する努力も放棄しているのが現状でしょう。これがロシアと中国の違いです。

 では中国に弱点はないのでしょうか。そんなことはないですね。たとえば、人民元は、ドルと連動しています。中国が稼いだ外貨、ドルを基軸に人民元を運用しているのです。アメリカがドルとの連動を拒否すれば、中国は死ぬでしょう。それが中国の弱点です。人民元は、ハードカレンシーの一つに認定されていますが、実態はそうではありません。人民元の信用は、豊富な外貨、ドルに依存しているのです。

 更に、資本が自由化されていない不自由に我慢できなくなった企業は、いきおい中国市場から撤退するでしょう。また、民主主義国家ではない中国は、いつなんどき当局の姿勢が変化するかわからないリスクがあるのです。本邦企業の社員が、不当に逮捕される事例が後を絶ちません。そういう国に進出し、社員の命を軽視する企業は、いずれ厳しい世論に晒され、批判を受けることになるでしょう。中国リスクとは、責任を取れないほど危険なのです。

 社員の命が不当に奪われるかもしれないのが、中国リスクの本質です。

 結論です。ロシアと違い、中国は強かです。ただし、習近平が3期目の政権を担うことになれが事情は変わります。中国の国家主席は胡錦濤まで2期10年でした。そこには、主席退任後の身の安全を確保するための「自制」がなければなりません。それが、政権の緊張を保ち、内外政策の自重を促してきたのです。

 しかし、習近平は、権力基盤強化を急ぐあまり、政敵を次々に蹴落としました。落馬した共産党有力者は枚挙に暇がありません。当然、政敵は多くなります。これでは、10年後の身の安全は担保されません。報復されるのは目に見えています。

 3期目を目指すのは、やむを得ない処置なのです。しかし、3期目就任は、永久主席、つまり独裁政権への道に外なりません。独裁政権は腐敗します。自由な経済も生き残ることは難しくなるでしょう。自由経済こそ、中国の金の卵なのに、独裁体制は、金の卵の存在とは矛盾するのです。習の3期目就任は、いずれ経済の低迷と言う反逆に会うと酒楽は思います。それが歴史の教えだからです。

 ご清聴ありがとうございました。ぽちっとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。
 

政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

公明と朝日は日本弱体化の元凶
有権者の意志を理解できない自民党
ふるさと納税は健全な納税意識を破壊する
森保ジャパンの勝利を寿ぐ
再びゴーー--ル!
国民が怒る原因
高裁、最高裁でも裁判員裁判を適用すべき
「韓国=後進国」という残酷な現実
中国との対話は不可能だ
日曜独語 戦いのリアリズム
言論の自由がない韓国
岸田首相に痛烈な皮肉 レコードチャイナ
ゴー――――ル!
派閥領袖と雖も国益を優先すべし
朝日の正体は韓国新聞だ
岸田首相は言うべきことを言ったのか
波長が合う友
対価に見合う価値
防衛は祖国を残す予算
画期的な維新の政策提言
男女共同参画の悲惨な未来
偽善と同調圧力の国 アメリカ
生殺与奪の権を他国に握らせるな
ツイッターの健全化を歓迎する
日曜独語
サイバー戦士は高給兵器だ
日本人としての誇りを持ちましょう
批判を恐れる朝日の末路
矢弾尽き果て散るぞ悲しき
防衛省に自己改革と合理化を求める財務大臣の暴言
防衛努力こそ究極の経済対策だ
蠢く親韓派
日曜独語
焼き鳥屋で安倍さんと菅さん
トマホークと旭日旗
予想通り麻生訪韓失敗
麻生訪韓は失敗だ
自衛隊における男女平等について
維新は立民と心中するつもりか?
産経抄は自衛隊の現実を知っているのか?
日本酒の聖地~日本酒仙・喜心(札幌)
自衛隊の本質的問題
マスコミの偏向報道
習近平独裁に備えよ
百年兵を養う
大臣の資質と政治的勇気
韓国軍を笑えない自衛隊の悲惨
日本の癌 公明党
夢の飛行機2選
死者に鞭打つ行為は大和の文化ではない!