プロフィール

酒楽

Author:酒楽
 自衛隊を応援するとともに真正保守政治を確立し、日本人の誇りを取り戻すブログ。

最新記事

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、Amazonアソシエイト、バリューコマース、iTunes アフィリエイトプログラム)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人であるハルトが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 •特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。 •極度にわいせつな内容を含むもの。 •禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 •その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
0 コメント

日曜独語

 敵地潜入

酒楽が学生時代だったころのお話です。場所は東富士演習場でした。陸上自衛隊が毎年総合火力演習を行う演習場です。夏の定期訓練で、1か月、演習場に山籠もりし、訓練に明け暮れたのでした。

 総合訓練の一日目、昼頃から行軍を始め、夜明けごろ敵陣地正面に進出しました。約30キロ、敵の遊撃部隊の襲撃を駆逐しつつの行軍で疲れ果てた我が部隊は、夕刻からの敵陣地配備の解明のため、しばし仮眠体制に入りました。

 夕方、我が中隊正面を見通せる地点に前進し、中隊長から、各斥候に潜入偵察地域が割り振られたのです。酒楽は、バディのミツオと一緒に、敵に対し、最右翼の地域を担当することになりました。

 闇夜が訪れるまでの数刻、ミツオと酒楽は、敵陣地をじっくり観察し、潜入経路を決めました。それは、中隊長の示した偵察地域よりも更に右側を経由するように計画したのです。

 東富士演習場は、火山灰の多い地質です。雨が降ると、火山灰が流され、地隙(ちげき)ができます。大中小あります。観察していると、酒楽チームが進む経路上にいい具合の地隙があって、どうやら敵陣地の方に向かっているのが観察できたのです。そこを伝って敵陣地前面まで肉薄し、場合によっては、陣内に潜入して・・・などと思ったのでした。

 それから数刻、演習場は闇に閉ざされました。ミツオと酒楽は、予定通り、地隙の中をゆっくり前進しました。音をたてないように、静かに静かに前進します。時折、顔を出して敵陣の動きを探ります。敵陣地は、静寂を保っていて、酒楽チームが発見された可能性は低いものと判断しました。

 もう敵陣地まで30メートルもないと思われる地点まで進出しました。その頃、酒楽チームの左側を進んでいた斥候が、敵に発見されたのか、誰何(すいか)の声が聞こえました。斥候は直ちに離脱したようです。酒楽チームの前には、敵の影が見当たりませんでした。

 誰何の声が聞こえなくなってから、しばらく様子を見ていたのですが、あたりは再び静寂に包まれました。ミツオと酒楽は、ゆっくり匍匐前進しながら、敵陣に迫ります。

 それから30分くらい前進した頃、停止して、周囲の状況を確認しました。するとどうでしょう、いつの間にか敵陣地の中にいるではないですか。

 停止した位置から、左側の背後の方に、敵陣地があり、塹壕が掘られているようです。敵は、酒楽チームに気付いていないようです。

2D-RI-7 (方面隊総合戦闘力演習)_R
陸上自衛隊HPから引用

 ミツオと二人で、静かに敵陣地を観察し、塹壕の位置、敵兵の動き、鉄条網の有無などを観察しました。暗いので正確な位置はわかりませんが、帰って報告できるように、一生懸命記憶したのです。

 これ以上の情報収集は命の危険を伴うので、そろそろ脱出します。ミツオと酒楽は、もときた経路を辿って味方のいる場所まで、静かに後退し始めたのです。

 後退を始めて10分くらい経過したとき、突然「止まれ!」と誰何を受けました。二人とも心臓が止まるほど驚きました。そして、「逃げろ」と小さく叫んで、二人は、味方地域に向かって全力で走り始めたのです。闇夜の中を。

 闇の中は危険がいっぱいです。敵の制止を振り切って、命からがら全力疾走していた酒楽とミツオは、数秒後、空中を飛んでいました。そして、直後に地面にたたきつけられたのです。衝撃で息ができませんでしたが。敵に襲撃されれば一巻の終わり。痛みをこらえ、息を殺し、銃を抱えたまま、その場に伏すこと数分。

 「おい、大丈夫か」と酒楽。「大丈夫だ」とミツオ。小さな声で無事を確認し合ったのでした。どうやら闇夜を疾走した挙句、数メートルの地隙に同時に落ちたのでした。今考えると、よくケガをしなかったなと思います。

 10分後、無事帰還し、中隊長(教官)に偵察結果を報告したのですが、不思議そうに、「よくそんな奥深くに行けたな」と言うのです。それで、潜入経路を説明すると、どうやら敵陣地は数個中隊あって、ちょうど境界線上を潜入したようなのです。A中隊とB中隊のど真ん中で、どちらも陣地を構築していなかったところだったようでした。

 その前の年、北海道での部隊実習で、現役部隊の中隊検閲に参加したことのある酒楽は、本物の中隊検閲に比べれば、学生の訓練は何とお気楽なものだな、というのが正直な感想でした。1年後、その北海道に渡って、部隊に配置されるとは予想もしていなかったのですが。

 普通科(歩兵)部隊の厳しさを知った酒楽は、「普通科だけはやめておこう」と密かに決心したのはいうまでもありませんww
 
 ご清聴ありがとうございました。ぽちっとしていただけると励みになります。フォローバナーもよろしくお願いします。

政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

検索フォーム

QRコード

QR

最新記事

全個体電池で先行する日本の戦略的勝利
NHKの世論調査は何故偏るのか?
非核国は原爆を投下される
一緒に飲もう!が幸せの原点
報道の自由は良識の範疇であるべきだ
日韓の価値観が一致することは永遠にない
「日本は外国人嫌い」日本人はアメリカのようになりたくないだけだ
朝日の全体主義に反対する
メディアの人権侵害をを許すな
外為特会
文明の境界
日韓議連が竹島奪還の障害だ
ノーベル平和賞は国家の自殺と引き換えだ
竹島に上陸した韓国議員を訴追すべきだ
核に対処しようとするドイツ、お伽噺の国ニッポン
連合王国の底力
日本政府は韓国を敵性国家と見なすのか←当然だ
シニア
人手不足倒産と言う嘘
駐日大使の内政干渉を許すな
ターミネーターが戦場を支配する
国は殿様、自治体は家来
他人の財布を当てにするな
市民団体により公教育は滅びる
もしも徳川家康が総理大臣になったら
朝日新聞は日本人に害毒を垂れ流す
沖縄は支那の冊封を受けるのが自然だ
『立憲共産党』は反日政党だ
「街の本屋さん」を救うな
学歴フィルター考
中国が激怒したと言うことはいいことだ
恩讐を超える努力こそ必要だ
韓国与党惨敗は日韓断交の序章だ(^-^)/
産経新聞プレミアム特任編集長・菅原慎太郎
独立国として一本立ちするべきだ
ウチナーンチュとヤマトンチュは相容れない
海上自衛隊空母打撃群が誕生する
中国EVは滅亡し、日本全個体電池が世界を制覇する
AIが人間を超える日
大東亜戦争と呼んで何が悪いのだ
自助努力こそ自由主義社会の神髄だ
「陸自システム通信・サイバー学校」の改編を祝す
日本もウクライナに軍事支援するべきだ
朝日新聞の悪意「養子への皇位継承資格は持たせず」
女性自衛官の処遇をよく考えてもらいたい
国交大臣は自民党に戻すべきだ
惨事防ぐ人質解放を急げ 朝日に騙されるな
現実に向き合いたくないヨーロッパは、もしトラを恐れる
地上波テレビの終焉は近い
政治に清廉を求める愚